平和指数1位 アイスランドの国立公園で生まれた名曲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


ここ近年、アイスランドは観光客で賑わいを見せています。2010年の観光客数は50万人弱でしたが、17年は230万に達するとみられています。つまりこの7年で5倍弱も観光客が増えている計算になります。

観光客が増えている理由は、単純にLCCの乗り入れが増えたことや、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の舞台になったこともありますが、今年6月に英国のシンクタンク、経済平和研究所(IEP)が発表した「2017年度 世界平和度指数」で、アイスランドは堂々の1位を獲得したことや、オーロラベルトと呼ばれる地域にアイスランドが位置するため、オーロラを高い確率で見られることができることも大きな要因かもしれません。

そしてその他にもアイスランドの観光資源はとても豊かです。アイスランドの南西に位置する首都レイキャビクから北東に車で40分ほど走らせた場所にある、このシンクヴェトリル国立公園も、アイスランドの人気観光地の一つです。

シンクヴェトリル国立公園は、世界遺産にも登録されていて、「ギャウ」と呼ばれる大地の裂け目が見られることで有名です。ギャウはアイスランドの地形上、他のエリアでも見ることができますが、ここシンクヴェトリル国立公園はギャウの規模がとても大きく、観光客の心を虜にしています。

皆さんは邦楽アーティスト「GLAY」が、このシンクヴェトリル国立公園を舞台に撮影を行っていたのをご存知でしょうか。

GLAYが撮影を行ったのは1996年、その年にリリースされた「BELOVED」のミュージックビデオ、そして写真集の写真はこのシンクヴェトリル国立公園で撮影をされています。

アルバム「BELOVED」はGLAY初のミリオンセラーとなり、GLAYの中でも特別なアルバムで、同名シングル「BELOVED」いまだにGLAYのライブで演奏され、ファンからの支持がとても高い曲です。

9月20日(水)「BELOVED」のアンソロジー盤が発売されることになりました。

ディスクは3枚構成で、希少なデモ音源も多数収録。特筆すべきは、DISC3のDVD映像。同アルバムに関するメンバー4人のインタビューと、数々のGLAYの映像作品を手掛けた翁長裕氏が1996年のアイスランドロケに同行した際のメンバーの過酷な撮影の裏側を赤裸々に映したプライベート映像が再編集されて収録されています。

GLAYファンはもちろん、アイスランドに興味がある方も必見の内容ですよ♪

GLAY official site
http://www.glay.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る