映画『サーミの血』サーミ人として生まれた少女の成長物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏も終わり、だんだんと秋になりつつありますね。
ちょっと早いかもですが、芸術の秋!を楽しむために、三連休に映画館に足を運んでみませんか?

遂に、映画『サーミの血』が明日9月16日(土)より、
新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国順次公開になります。

|話題作『サーミの血』、そして気になるストーリは

北欧スウェーデンの美しい自然を舞台に
差別に抗い、強く生き抜くサーミ人の少女の成長物語です。

 

LifTe サーミの血 ストーリー

サーミ人とは?
ラップランド地方、いわゆるノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北部とロシアのコラ半島でトナカイを飼い暮らし、
フィンランド語に近い独自の言語を持つ先住民族。映画の主な舞台となる 1930 年代、スウェーデンのサーミ人は分離政策の対象になり、
他の人種より劣った民族として差別された。

 

LifTe サーミの血 出会い

ストーリー
1930 年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。
サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。
そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。
トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た──

 

Lifte サーミの血 本ポスター

|スタッフ・キャスト

監督・脚本  アマンダ・シェーネル
音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、
ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
2016 年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108 分/南サーミ語、スウェーデン語/原題:Sameblod/DCP/シネマスコ─プ
後援:スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館
配給・宣伝:アップリンク

©2016 NORDISK FILM PRODUCTION

公式HP
www.giant-movie.jp

|スウェーデン版アカデミー賞で見事受賞!これから、都内で観られる映画館は?(2018.1.23追記)

LifTe サーミの血 場面写真

1月22日(月)に、スウェーデン版アカデミー賞と言われる「ゴールデン・ビートル賞」が発表されました!
「サーミの血」は「脚本賞」「編集賞」「観客賞」そして、見事主演のエレ・マリャを演じたレーネ=セシリア・スパルロク『サーミの血』が主演女優賞に輝きました!

9月16日から日本で上映を行っている『サーミの血』。多くの劇場では公開が終了していますが、東京都品川区にある「キネカ大森」で2月24日(土)から3月2日(金)までの一週間上映が決まっています!

しかも、こちらも昨年日本公開され話題となった東アイスランドに住む2人の青年を描いた青春映画の傑作『ハートストーン』2本立てでの公開。

一挙に昨年公開された北欧の名作映画を観られるチャンス!
気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

キネカ大森 近日上映作品スケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る