ムーミンバレーパークに行くなら アラビアで体験できるカフェも行こう!

いよいよ3月16日(土)より、ムーミンバレーパークがオープンしますが、無料で入場できるメッツァビレッジ(metsä village)内にも、注目するべきの新しいお店が色々とオープンしてますよ〜!

|nordics hosted by ARABIA

LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ
フィンランドの国民的ブランド、あの「アラビア」が提案するカフェが、期間限定でメッツァビレッジ内の“P apartment”にオープン!メッツァビレッジ(metsä village)に入って、左側に見える鮮やかなフィンランドブルーの建物が目印!
LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ 内装
店内は、北欧らしい木を基調としながらもシンプルなデザインで、窓からは宮沢湖を眺めることができます。木のぬくもりを感じながら、ゆっくりとくつろげる空間に仕上げているのが素敵。

|美味しい北欧料理を、アラビアの食器で食べられる!

こちらのお店のコンセプトは、何と言っても様々な北欧料理を、アラビアの器に盛り付けて提供するということ(アラビアでの提供は6月末まで)。アラビアは、フィンランドを代表する陶器メーカーで、映画『かもめ食堂』でも使用されているので、皆さんも1度は目にしたことがあるはず!それでは、早速LifTe編集部のオススメメニューに行ってみましょう!

|オススメのメニュー

デンマークの国民食「スモーブロー」

スモーブローとは、ライ麦パンやポンパニッケルなどを、薄切りにしてたっぷりとバターを塗り、そしてその上に新鮮な魚介類やチーズ、ハム類、野菜類などをのせたもの。「北欧のオープンサンド」とも呼ばれ、日本でも広がりつつある北欧食のひとつです。
LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ スモーブロー サーモン パラティッシ
ここで食べれるスモーブローは、サーモン、ローストポーク&マッシュポテト(温玉のせ)、アボカド&シュリンプの3種類があり、今回はサーモンをチョイスしました!パンが隠れるほどスモークサーモンや野菜がいっぱいのっていて食べ応えがあります。ドレッシングはお好みで変更できたり、トッピングを追加できたりとカスタマイズもできるので何度も楽しめそう♪
■単品各¥1,100/ドリンクセット¥1,300/ドリンク・スープセット¥1,400 ※価格は税抜き表示です。

「パラティッシ」のプレート

このスモーブローは、ビルイエル・カイピアイネンによるデザインの「パラティッシ」というプレートで提供がされます。パラティッシは、フィンランド語で「楽園」という意味。カラフルな色彩で、飾るだけでも十分な存在感を示すプレートです。食べていくと少しずつ描かれた花や、植物、果物が見えてくるが楽しみの一つです。食べる前、そして食べた後も写真を撮りたくなってしまいます。

北欧でお馴染みの食材や家庭料理を味わう「パスタ」

LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ パラティッシ マッシュポテト
パスタで用意されているのが、ミートボール クリームソース/ミートソース マッシュポテトソースがけ/サーモン&キャベツ/ヤンソンさんの誘惑の4種類。今回は、写真はミートソース マッシュポテトソースがけをチョイス。北欧の人たちは、本当にじゃがいもが大好きで、どんな料理にもマッシュポテトや、茹でたじゃがいもが出てきます。ミートソースとマッシュポテトの組み合わせは人生初でしたが、予想以上に相性がとても良い!
今回はチョイスしませんでしたが、やはり木になるのが名前にインパクトのある“ヤンソンさんの誘惑”。これは、スウェーデンの伝統料理で、「ベジタリアンのエリク・ヤンソンさんが誘惑に負けてしまった…!」という逸話から名付けられたと言われています(諸説あり)。料理としては、タマネギとアンチョビ入りのポテトグラタンになるのですが、こちらのパスでは、そのポテトグラタンを軽いクリームパスタに仕上げたものらしいので、次回はこちらをチャレンジしてみます!
そして、このパスタも「パラティッシ」のプレートで提供がされています。
■単品各¥1,000/ドリンクセット¥1,200/ドリンク・スープセット¥1,300 ※価格は税抜き表示です。

北欧の定番サーモンスープの「スーププレート」

LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ パストラーリ サーモンスープ
ちょっと小腹が空いた時に嬉しいスーププレートも用意されています。種類は「季節のスープ コーン」と「サーモンスープ」の2種。LifTe編集部としては、迷わずサーモンスープをチョイス。フィンランドの伝統料理としても知られるサーモンスープは、フィンランド伝統料理レストランでは、必ずと言っていいほど用意されています。今回のサーモンスーププレートでは、ライ麦全粒粉のパンが付いてくるのもフィンランドらしくて嬉しい。しっかりとごろっとしたサーモンが入っていて、ライ麦のパンとの相性も抜群!
■各¥850

「パストラーリ」のスープボウルとカッティングボード

サーモンスープのセットは、エステリ・トラムが1965年にデザインした「パストラーリ」があしらわれた器で提供されます。「パストラーリ」はフィンランド語で「牧歌」という意味で、古代ギリシャの「ダフニスとクロエ」がモチーフとなっています。パストラーリは、フィンランドの独立100周年を記念してアラビアが製作したマグカップのデザインとしても復刻し、また人気が上がってきているデザインでもあります。

インスタ映え必至!ムーミンの「マグパフェ」!

LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ ムーミン マグカフェ
LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ ムーミン マグカフェデザイン
そして忘れてはいけないのが、こちらの写真映え必至の「マグパフェ」。4つのベリー&チーズケーキ(左)とブラウニー&コーヒーゼリー(右)の2種類が用意されています。ベリーは、「ストロベリー」「ブルーベリー」「ラズベリー」「ブラックベリー」の4種が入っていて彩も豊か!それぞれの種類とも中にグラノーラが入っていて、サクサクとした食感が楽しめるのも◎。
■各¥700

マグの種類は何が出てくるかはお楽しみ♪

このマグパフェで使用されるマグは、これまでに作られた92種類の中から、特に人気が高かった6種類が用意されています。「4つのベリー&チーズケーキ」は、”スノークのお嬢さん””リトルミィ””ニョロニョロ”、「ブラウニー&コーヒーゼリー」は、”ムーミントロール””ムーミン屋敷””スナフキン”というラインナップ。注文してから、どのマグでくるかワクワクしちゃいますね!

|ココもチェック!

LifTe 北欧の暮らし metsa village メッツァビレッジ アラビア カフェ ムーミンマグカフェ歴史
行った際に是非チェックして欲しいのがこちら。店内に飾ってある1990年〜2019年の間に発売されたアラビアのムーミンマグのカタログポスターの縮小版(サイズA4)が、料理を運ぶトレイに敷かれているんです!マグを集めている身としては、物凄くテンションが上がりました!

今回オススメしたメニューの他にも、ノルディックスドッグや、綺麗なサラダボウルなど紹介しきれないものがいっぱいあります。北欧の料理を「アラビア」の食器に盛り付けをするコンセプトは、生活にデザインを取り入れるという北欧デザインの一端を感じれる素晴らしいものです。ぜひムーミンバレーパークに行った際にはチェックしてみてくださいね!

|アクセス

【メッツァビレッジ(metsä village)】
住所:埼玉県飯能市宮沢327‐6
営業時間:10:00~21:00
メッツァビレッジ(metsä village)オフィシャルサイト

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る