【北欧イベント】今年も東京で開催!アグネ—タ・フロック切り絵展

|昨年に引き続き開催決定!第9回アグネータ・フロック切り絵展

LifTe 北欧の暮らし アグネータ・フロック

スウェーデンが誇る芸術家アグネータ・フロックさんに関しては、何度かLifTeでも紹介をしてきました。彼女が作り出す織物、そして切り絵にはどれもストーリーが込められ、優しい世界観を作り出し、多くのファンを魅了しています。そして実際にお会いすると物腰が柔らかく、サービス精神も旺盛で、キュートな1面もあるため、彼女のファンが増え続けているのも納得できます。

※第8回のアグネータ・フロック切り絵展に関してのレポートはこちら

昨年開催された「アグネータ・フロックの切り絵展」にも実際に足を運び、彼女の多くの作品を目の当たりにし、その優しい世界観に引き込まれました。どんな場所でこの作品を創っているのか、どんな生活を送っているのかを知りたくなり、今年の2月LifTe vol.02の取材で、ストックホルム郊外にある、彼女の自宅に向かいました。

|自然に囲まれた家、そして製作現場

LifTe 北欧の暮らし アグネータ・フロック 自宅
当日は雪が降り積もる北欧らしい天気。幹線道路から外れたエリアに彼女の家はありました。典型的な外壁が赤い可愛らしい建物で、広い庭は雪で埋まり一面銀世界。周りの家からも多少距離もあり、聞こえる音は僕たちが歩いて雪を踏む音のみ。本当に自然に囲まれていると言っても過言ではない雰囲気でした。

LifTe 北欧の暮らし アグネータ・フロック 作業風景

家の中は暖かく、彼女の作品が多く飾られている。スウェーデンらしくFIKA(フィーカ)をしながら、家の話、作品の作り方、作品に込めるストーリー、ファンに関して、本当に様々な話を聞けました。投げかける質問に対して嫌な顔1つすることなく、こちらの目を見つめながらゆっくりとそして正直に話してくれる彼女に接し、また彼女に魅了された想い出深い1日でした。

※ご自宅でのアグネ—タ・フロッグさんのインタビュー記事は、こちら!

そして、彼女の作品展が、また今年も開催されます。彼女の人柄が滲み出るような素晴らしい作品群が一堂にお目見えします。是非この機会に足を運んで見てください。

|アクセス

【第9回アグネータ・フロック切り絵展】
会期:2019年9月21日(日)〜9月29日(日)
会場:北欧の匠 3階 ギャラリー「祥」
時間:11:00〜18:00
※23日(月)は休廊
住所:東京都中央区銀座1-15-13北欧ビル
電話:03-5524-5657

企画:アクアビットジャパン/ 北欧の匠

北欧の匠 ギャラリー「祥」オフィシャルサイト
アクアビットジャパン オフィシャルサイト




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る