フィンランド 人気ブランド「ラプアン カンクリ」表参道に出店!!

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ 表参道

「カウニステ」「アルテック」など、フィンランドを代表するブランドやショップがここ最近日本でオープンし、大きな話題となっています。そして来月10月4日にオープンするのがフィンランドを代表するテキスタイルメーカー「ラプアン カンクリ」です。

|10月4日(金) 表参道に海外初出店

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ
ラプアン カンクリは、100年を超える歴史を持ち、フィンランドで絶大の人気を誇るメーカーです。ラプアン カンクリの売りは日常の暮らしの様々なシーンで使える「布」の数々。赤ちゃんを包み込む、テーブルに広げてみる、ふわりと肩にかけてみる、自身のアイディア次第で使用用途が広がります。デザインもフィンランドを感じさせるシンプルさがあるので、どんなものにも合わせやすいのも嬉しいところ。

そんなラプアン カンクリがフィンランド以外の国に出店をするのは、実は初めて。10月4日にオープンする場所は表参道。ラプアン カンクリもう1つの売りでもある「手触り」もしっかり体験してから購入できるのは安心です。ラプアン カンクリ表参道では、商品販売のほか、フィンランドの文化やプロダクト、アーティストも紹介していくそうなので、こちらも要チェックです。

|ヘルシンキの中心部にある「ラプアン カンクリ」

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ ヘルシンキ 本店
ラプアン カンクリの本店は、フィンランドの首都ヘルシンキ中心部のトリコルッテリというエリアにあります。ヘルシンキ大聖堂にも近く、鞄を扱う「ルミ」や、老舗カフェ「エンゲル」、「カウニステ」などもあり、いつも人通りが多い場所でもあります。
LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ ヘルシンキ本店 店内
このエリアに「ラプアン カンクリ」がお店を構えたのは2012年のこと。店内は白を基調とした落ち着いた雰囲気。取材のために訪れたのは平日の昼間でしたが、ヘルシンキのマダムたちが実際に商品を手にとって、触り心地を確かめながら購入している光景を目にしました。

|ラプアン カンクリのヒット商品といえばこれ!

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ ヘルシンキ ポケットショール

ラプアン カンクリにはお勧めしたい商品はいくつもありますが、最もお勧めしたいのがこのポケットショール。数ある商品の中でもこのポケットショールはロングセラーとなっています。羽織るとわかるのですが、想像以上に軽く、そして暖かい。ナチュラルなカラーラインナップなので、どんな服装にも馴染んでくれます。いつもの服装にこのポケットショールを羽織るだけで様になる素敵なアイテムです。

|生活に根ざした商品ラインナップ 日本人デザイナーが手がけた商品も!

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ ヘルシンキ サウナグッズ

その他にもフィンランドらしいサウナ関連の商品などもさりげなく置かれています。自社の商品だけではなく、サウナの魅力を伝える本も陳列し、文化そのものを発信していこうという気概も感じられます。

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ ヘルシンキ 鹿児島睦

ラプアン カンクリのもう1つの魅力は、日本人デザイナーを採用していること。鹿児島睦(かごしま まこと)さん、島塚絵里さん、鈴木マサルさん、吉澤葵さん。日本人がデザインしたものが、フィンランドで商品になって人気となる。フィンランドと日本がこういう風に繋がっていくのは嬉しく感じます。

なぜラプアン カンクリが日本人デザイナーを起用したのかは、実際にオーナーのヤーナ・ヒェルトさんにインタビューを行いましたので、こちらの雑誌でお読みください。

|アクセス

LifTe 北欧の暮らし ラプアン カンクリ 表参道 内観 パース
【ラプアン カンクリ表参道】
営業時間:12:00~20:00
定休日:火曜日
住所:東京都渋谷区神宮前5-13-12 1F




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る