ヘルシンキの市街地で静寂を感じられる カンピチャペル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヘルシンキ中央駅から西に向かって徒歩5~6分あたりにあるカンピ(KAMPPI)エリア。ここはヘルシンキ中央駅付近にありながら、ショッピングセンター、映画館、ホテルなどが集まる人気エリア。カンピから高速バスも出ているので、バスターミナルとしても有名です。

|静寂の礼拝堂 カンピチャペル(Kamppi Chapel)

そのカンピエリアに突然姿を表すのがこの建物。

LifTe カンピチャペル 外観 camppi

あまりに唐突すぎて、言葉を発してしまいます。とても巨大な建築物ではありながら、木の温かい色味を発しています。遠くから見ても圧倒されますが、下から見るとさらに言葉を失います。まずカメラに入りきらない(笑)。

この異様な建物の正体は、なんと礼拝堂。名前はカンピチャペル。この礼拝堂は2012年に建設されたもの。

LifTe カンピチャペル入り口 kamppi
礼拝堂はもちろん入場が可能で、誰でも無料で入れます。入口はこちらの扉から。

入口を入ると数人の職員らしき方がいらっしゃいますが、この方々はヘルシンキ教会区や市福祉課のスタッフの方々。人々の悩み事を聞き、解決策を提案するためにいるのだそうです。この建物、礼拝堂と命名されていながら、宗教的な活動はされることがなく、人々の心を安らかにできるようにと考えられて建設されました。

|まさに静寂、歩くのが憚られる

LifTe カンピチャペル 内観 kamppi

建物の入り口を入ると右手に礼拝堂への入り口があります。中に入るとまさに静寂。本当にヘルシンキの中心部なのかと思うほど静けさが包み込みます。中には数人がただ静かに座って、目を閉じたり、建物内を眺めていたりしています。

ここまで静かだと歩くことも憚られます。自分も目をつぶって、静かに座っていると落ち着くというか、周りが気にならなくなるというか、「無」の境地はさすがに言い過ぎですが、不思議な感覚になります。

LifTe カンピチャペル ライト kamppi

今回は日が暮れてからの訪問だったので、ライトが入っていましたが、昼間は自然光が入るような仕組みに設計されています。日がある明るい時間帯にくるとまた違った表情を見せてくれるそうです。

LifTe カンピチャペル 祈り Kamppi
礼拝堂の後ろには、ろうそくを自分で灯すことができるところもあります(ろうそくは礼拝堂の入り口外にあります)。

|静寂の役割

LifTe カンピチャペル 人々 kamppi

ちょっと驚いたのは、平日の夜にもかかわらず、多くの人が出入りをします。もちろん観光スポットになっているのは確かですが、明らかに仕事帰りで礼拝堂に寄ったような人も多く見受けられました。

LifTe カンピチャペル 内観2

フィンランドの人々は自然を大事にするイメージが皆さんにもあると思います。夏は森や湖にあるコテージに行き、思い思いの過ごし方をします。実際にフィンランドの田舎や自然に触れると感じるのが、まず「静寂」です。この静寂がフィンランドの人々にとって癒しにつながるのかもしれません。街中では中々この静寂を得ることができません。なので、多くの人がこのカンピチャペルに足を運ぶのかもしれません。

是非フィンランドに行った際には、訪れてみてください。

カンピチャペル(Kamppi Chapel)
住所: Simonkatu 7, 00100 Helsinki
電話: +358 9 23402018
開館時間: 月〜金:7:00〜20:00
土・日:10:00〜18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る