【フィンランド/ファッション】 Fashion From Finland/Cozy Books

【フィンランド/ファッション】
■Fashion From Finland/Cozy Books

Cozy Books代表Heli Thorenさん

先日4月3日(月)と4日(火)に中目黒の「The Works」で開催された「Fashion From Finland」にLifTe編集部として取材しに行って参りました!

今回出展していたブランドは13ブランド。軽くて高級感のある毛皮から、街で乗り回したい自転車まで様々なラインナップ。その中から、LifTeとして気になったブランドをご紹介しますね。

今回ご紹介するのは、こちら。

Cozy Booksは3年前に立ち上げたブランドで、代表のHeli Thorenさんは、その前はジャーナリストで、文章を書く世界に身を置いていました。そのうちHeliさんは「自分の納得出来る装丁の本を出したい」という気持ちが強まり、このブランドを立ち上げます。

本の装丁にはとことんこだわり、表紙や紙面の質感はもちろん、栞紐にもこだわりを惜しみません。「本」という枠組みではなく、「資産」と考え本を造り出す。手に取った感触も大事にしたい。デザインの細部までこだわるフィンランドデザインそのものと言えます。

Cozy Booksが手がける本の装丁

このこだわりに少しずつファンが増え、今では韓国でも彼女が手がけた本が英語に翻訳され、販売されるようになりました。
そして絵本も手がけるようになった頃、Heliさんは「服」に着目するようになります。服のコンセプトで重要視しているのは「本物(良いもの)が1着あれば良い」というもの。

1着の上質のワンピースがあれば、旅行でも、パーティーでも、日常の着まわしも可能。どんなシーンでも使えるように、シンプルでありながらもこだわりを込めて丁寧に作る姿勢は本と一緒です。

Cozy Booksが手がけた手帳

webもその世界観が現れているので、気になった方は是非ご覧ください。
http://www.dreamcozy.com/
(編集担当:K)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate

ページ上部へ戻る