クリームがぎゅっと詰まった、春を呼ぶ素敵なスイーツ♪

|春を運んでくる、北欧諸国では外せないお菓子

LifTe リラ・ダーラナ セムラ
シュークリームではありません!この可愛らしいスイーツの名前は「セムラ」。
スウェーデンの方であれば知らない人はいない程有名なお菓子。フィンランドでは「ラスキアイスプッラ」、デンマークでは「ファスタラウンスボッラ」、ノルウェーでは「ファステラーヴェンスボッレ」と呼ばれていて、北欧諸国でも大人気。

この時期になると様々な洋菓子店、パン屋がこぞってその店独自のセムラを作って、ショーケースが可愛いこのお菓子で彩られます。

ブリオッシュ風な甘いパン生地の中にマジパンが入っていて、パン生地の間には生クリーム、そして上には粉砂糖がふり掛けられている、とても甘いスイーツ。カルダモンも練りこまれているので、ちょっぴりスパイシーな大人の味もしますが、大人から子供まで愛される、まさに国民的スイーツなんです!

そして、イースターまでの45日間に食べられるのが昔からの風習で、春の直前にしか食べられないのがこの「セムラ」なのです。

|日本で本格的なセムラを体験するならここ!

LifTe リラ・ダーラナ 外観

このセムラは東京六本木駅徒歩2分の場所にある、本格的な北欧料理を提供する「リラ・ダーラナ」さんで味わうことができます。お店の名前にもなっている「ダーラナ」は北欧好きな方はご存知かもしれませんが、スウェーデンにある地方の名前。

|北欧の話を聞きながら、北欧料理を楽しめる「リラ・ダーラナ」

LifTE リラ・ダーラナ 遠藤芳男シェフ

今年40年目を迎えたこのお店で腕をふるうのは2代目の遠藤シェフ。
お話をして感じたのは人柄。本格的な北欧の各国料理を創る遠藤さんの腕に惚れ込んでお店に足を運ぶファンも多いのでしょうが、遠藤さんと話をするためにお店を訪れる方も多いのではないかと感じました。それくらい北欧にまつわるユーモア溢れる話をしてくれる遠藤さんが出迎えてくれる「リラ・ダーラナ」は、まさに北欧の家庭に訪れたような感覚になります。

LifTe リラ・ダーラナ 内観

「セムラ」は20年以上も前から創っていて、「日本で一番長くセムラを提供している」という自負も遠藤さんはお持ちです。
そんな遠藤さんが創る「セムラ」はまさに一見ではなく一味の価値あり!甘さは抑えられているので、本当にどんな方でも楽しめるスイーツに仕上がっています。
スイーツに目がない方、北欧好きな方は是非足を運んでみてくださいね!

北欧料理 リラ・ダーラナ
住所: 〒106-0032
東京都港区六本木6丁目2−7
電話: 03-3478-4690
リラ・ダーラナ オフィシャルfacebookページ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る