北欧コーディネーターに教えてもらった名店はやっぱり美味しかった!

フィンランド滞在1日目の夜に向かったのは、今回色々お世話になっている、北欧コーディネーターの方に教えてもらったこちらのレストラン。

|老舗フィンランド料理店「Sea Horse」

LifTe Sea horse helsinki

なんでも1934年設立で、ヘルシンキっ子以外にも海外からの観光客にも愛される老舗レストラン。創立当初から変わらない、フィンランドの伝統的料理を食べさせてくれるお店です。

僕達がお店に入った時も、数組のフィンランドの方々が楽しそうにテーブルを囲んでお酒を酌み交わしています。

入り口でコートを預けていざ店内へ。
※コートを預かってもらうということで、1人あたり1ユーロがかかります

Lifte Sea Horse 店内

店内正面の壁には大きなタツノオトシゴが描かれています。まさに「Sea Horese」。

メニューは英語/フィンランド語/日本語がそれぞれのページで分かれているので、日本の観光客にも優しい。

|森のきのこスープのクオリティに文字通り舌をまく

まず頼んだのが、「サーモンクリームスープ」(大)と「森のきのこスープ」(大)。
大きな器できたスープにはバターとライ麦クリスピーが添えられます。

LifTe サーモンクリームスープ

サーモンクリームスープは日本でいうクリームシチューに近いですが、もっとさらっとしていて、しっかりサーモンの旨味が出て美味。これは間違い無く日本の方の食感にマッチすると思います。

Lifte 絶品 森のきのこスープ

そして絶品だったのが森のきのこスープ。きのこは細かくされていますが、本当に濃厚なのにどんどん飲めてしまう。バターを塗ったライ麦クリスピーがまた絶妙にマッチします。たっぷりな量ですが、お代わりをしたくなるくらい味わいでした。

次にオーダーをしたのが、「フィンランド伝統ミートボール」と「ロールキャベツ」。

|メインのロールキャベツは概念が壊れる

LifTe ミートボール

ミートボールは、リンゴンベリーのソースが添えられていないのが少し残念でしたが、ソースとポテトの安定感は抜群で、フィンランドならではのミートボールがしっかり食べられます。そして口直しにビーツを。

※リンゴンベリーに関しては、こちらもご参考に!
リンゴンベリーって知ってる?

LifTe ロールキャベツ

「Sea Horse」看板メニューとしても人気が高いロールキャベツは、こちらが持っていたロールキャベツの概念を軽く取り払います。そう、スープに浸されたロールキャベツじゃない!

ロールキャベツの上に添えられているのは、コールスローに少し似た少し酸味があるソース。そして肝心の中はもちろんお肉が入っていますが、つなぎで使われているのはなんとお米!味わいも深く、こちらもついついパクパクと行ってしまう出来栄え。

LifTe ブレンドそしてチョコレート

最後はブレンドコーヒー。フィンランドチョコレートが添えられて出てくるのが嬉しい。

|フィンランド料理を存分に楽しむための注意点!

LifTe Sea horse 外観

一つ注意点は、一つ一つの料理の量が多い!今回は1人スープ、そしてメインの2品でしたが、だいぶお腹がいっぱいになります。女性の場合は例えばスープを小にするとか量の調整は必要です。

中心地から離れているからか、日本の観光客は全くおらず、地元の方のみという印象でした。
この森のきのこスープを飲むために足を伸ばしても損はないと思いますよ♪

Sea Horse
住所: Kapteeninkatu 11, 00140 Helsinki

フィンランド伝統料理Sea Horse オフィシャルページ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る