ムーミンバレーパーク遂に2019年3月16日(土)OPEN!

|8月9日って何の日?

みなさん8月9日が何の日かご存知ですか?実は、あのムーミン原作者トーベ・ヤンソンさんの誕生日なのです。2005年にムーミン生誕60周年を迎えたことを祝って、8月9日がムーミンの日として制定されました。それからは毎年この日はムーミンに関するイベントが開催され、限定商品が販売されたりもします。

|2018 ムーミンの日の集い@練馬文化センター

LifTe 北欧の暮らし ムーミンの日 練馬文化センター
本日、東京の練馬文化センターで開催された「2018 ムーミンの日の集い」に潜入して来ました!これは多くのムーミンファンが来場して「ムーミンの日」を祝うイベントで、ミニライブや、ムーミン物語の朗読があったり、リトルミイの象徴でもらるお団子頭で来場すると限定の缶バッジをもらえたり、ムーミン谷の仲間たちと撮影会ができたりと、ムーミンファンには堪らない盛りだくさんの内容。

|関連商品も充実!編集部オススメは・・・

LifTe 北欧の暮らし ムーミンの日 グッズ

© Moomin Characters™

LifTe 北欧の暮らし エプソン smart canvas ムーミン谷の一日

© Moomin Characters™

この記念すべき8月9日に合わせてムーミン関連商品も数多く出品され、入場したファンの方々は早速お目当ての商品をゲットすべく早々に長蛇の列が・・。商品に8月9日と刻印されたものも色々ありましたが、LifTe編集部が特に注目したのがこちら。

エプソン販売株式会社から発売されている「smart canvas」のムーミン谷の一日と題された腕時計。元々ムーミンシリーズを販売していましたが、本日満を持して販売されたのが、この「ムーミン谷の一日」。特に注目なのがファンの声を元にできた「7つのモード」。ムーミンの一日モードや、リトルミイの一日モード、スナフキンの一日モードなど1時間毎に背景が変わるモードや、ニョロニョロが数字になって時間を教えてくれる「ニョロニョロモード」、温度によって表示されるキャラクターが変わる「デスクトップモード」など、遊び心が満載。記念日設定をしておくと、その日は特別な画面が表示されるのも◎。

「smart canvas」シリーズはバンドを気分で変えられるのも特徴の一つ。もちろん今回の発売でもバンドも用意されています。「アクアブルー」「ムーミン」「リトルミイ」「スナフキン」の4種類。リトルミイとスナフキンはバンドのみ購入も可能。つい必要以上に時間をチェックしてしまいそうな素敵な商品です。

smart canvas ムーミン谷の一日 オフィシャルサイトページ

|ムーミンバレーパーク オープン日発表!

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパークオープン

© Moomin Characters™

埼玉県飯能市に来春オープンすると報道されていた「ムーミンバレーパーク」のオープン日も本日発表されました。記念すべきオープン日は、来年2019年3月16日(土)!ムーミンバレーパークは、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティングなど、ムーミンの世界を存分に体験できるテーマパーク。今回は3つのエリアが発表になりました!

展示施設「KOKEMUS(コケムス)」

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパーク コムスケ

© Moomin Characters™

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパーク コケムス各施設

© Moomin Characters™

KOKEMUSとはフィンランド語で「体験」を意味します。作者トーベ・ヤンソンさんの人生と、ムーミン作品を織り交ぜながらパークに訪れた人たちが追体験しながら、ムーミンの世界をさらに知ることができる施設。施設の隣には巨大なムーミン屋敷もお目見え予定。

施設内は、常設展&企画展のコーナー、夏の家を模した「トーベの記憶シアター」、ワークショップルーム「Paja(パヤ)」、日本最大級の品揃えを予定しているムーミン谷の売店「Muumilaakso Kauppa(ムーミラークソ カウッパ)」、ムーミン達の不思議な森のパーティーをイメージしたムーミン谷の食堂「Muumilaakso Ruokala(ムーミラークソ ルオカラ)」、ショップ&カフェ「Kauppa&kahvila(カウッパ&カハヴィラ)」の他にも8メートルを超えるムーミン谷の巨大ジオラマも設置予定。展示に関しては、ムーミンの権威として知られる冨原眞弓さんがアドバイスされるという力の入れよう。

おさびし山エリア

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパークおさびし山 ツリーハウス

© Moomin Characters™

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパーク 飛行おにアトラクション

© Moomin Characters™

ムーミン物語でも度々登場する「おさびし山」。おさびし山エリアは冒険と思索の山。ここのキーはヘムレンさん。ヘムレンさんが遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地を作ってしまったというエピソードに登場するアスレチックが登場します。

ツリーハウスや吊り橋、きのこ黒板、メリーゴーランドなど、お子様は間違いなく大はしゃぎするものばかり。大人もゆっくりベンチに座ったり、森林浴を楽しめます。そして、おさびし山の頂上からスタートするのが、アトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」。森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りていき、絶景を楽しめスリルも味わえます!

ムーミン谷エリア ムイック フォト

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパーク ムイックフォト

© Moomin Characters™

LifTe 北欧の暮らし ムーミンバレーパーク ムイックフォト 内観

© Moomin Characters™

ムーミン谷エリア内にあるのが「ムイック フォト」。ムイックはフィンランド語で「はい、チーズ!」の意味。つまりムーミン谷にある写真館。

ムーミン谷の仲間たちも写真館に撮影に訪れるという設定で、プロカメラマンによる撮影さサービスがあり、キャラクターたちととっておきの記念写真を撮影することが可能です。

|メッツァビレッジとムーミンバレーパークおさらい

LifTe北欧の暮らし メッツア メッツアビレッジ ムーミンバレーパーク

© Moomin Characters™

まだまだ全容が明かされていないムーミンバレーパークですが、ちょっとおさらいです。今回飯能市にオープンするのは「メッツァ」という施設。その中に「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」があります。メッツァビレッジは今年11月9日(金)にオープン予定で、無料で入場が可能です。そして今回紹介したムーミンバレーパークは来年3月16日(土)にオープン。つまり、今年の秋からムーミンの世界が楽しめるということなので、今から本当に楽しみですね♪

「メッツァ」オフィシャルサイト
「メッツァ」オフィシャルFacebook
「メッツァビレッジ」オフィシャルinstagram
「ムーミンバレーパーク」オフィシャルinstagram
「ムーミンバレーパーク」オフィシャルFacebook

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る