10月4日はシナモンロールの日!ヘルシンキお勧めシナモンロールまとめ!

|10月4日はシナモンロールの日!

LifTe 北欧の暮らし シナモンロールの日 フィンランド ヘルシンキ
本日、10月4日はシナモンロールの日だということをご存知でしたか?これは、スウェーデンのホームベーカリー協会が設立40周年を祝うために1999年に制定したものです。シナモンロールの発祥はスウェーデンと言われていますが、お隣フィンランドでも昔から多くの人々に親しまれてきたシナモンロール。今回はLifTe編集部オススメのヘルシンキで食べられるシナモンロールをご紹介します!

|Cafe Success(カフェ・スッセス)

LifTe 北欧の暮らし シナモンロールの日 カフェスッセス フィンランド ヘルシンキ
まずは、古くから続くヘルシンキっ子にも愛されるカフェ「カフェ スッセス」。お店の作りは簡素でクラシカルな設えですが入りやすい雰囲気があります。壁を見ると創業当初の写真も飾られていて歴史も感じ、訪れた日も地元の人で賑わっていました。小さい子供を連れた親もいれば、歳を重ねた老夫婦らしき方も。ここの人気メニューは"ビッグシナモンロール"。通常サイズのものもありますが、通常サイズの2倍くらいありそうな大きいシナモンロール。これだけでお腹いっぱいになってしまうほどの大きさですが、しっとりした味わいで満足感が高いシナモンロールです。

Cafe Success(カフェ・スッセス) アクセス

営業時間:8:00〜18:00 (月〜金)
10:00〜17:00(土)
12:00〜17:00(日)
電話:+358 9 633414
住所: Korkeavuorenkatu 2, 00140 Helsinki, フィンランド

|Ravintola Kamome(レストランかもめ)

LifTe 北欧の暮らし シナモンロールの日 かもめ食堂 レストランかもめ ravintola kamome
次にご紹介するのは「レストランかもめ」。北欧ブームの仕掛けとなった映画「かもめ食堂」の影響もあり、今でも多くの日本人観光客で賑わうお店です。ここのシナモンロールは生地がパリッと仕上がっていて、食べるともっちり感がすごいのが特徴。シナモンロールを作るのは、長年ここで務めるヨハンさん(上部写真の女性)。一度彼女がシナモンロールを作るところを見せてもらいましたが、あまりの手際の良さに惚れ惚れしました。

Ravintola Kamome(レストランかもめ)アクセス

営業時間:11:00〜21:00(月〜木)
11:00〜22:00(金、土)
日曜日定休
電話:+358 9 657422
住所:Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki, フィンランド

|Ekberg(エクベリ)

LifTe 北欧の暮らし シナモンロールの日 エクベリ ekberg
フィンランド最古のカフェ「エクベリ」は創業1852年。実に160年以上フィンランド地元の人々、そして観光客から愛され続けています。パン以外にもケーキやモーニングブッフェも人気で、様々なシーンで使えるのがエクベリが支持されている理由の1つでもあります。エクベリのシナモンロールは生地がふわふわしていて、甘みも感じますが、その甘みもしつこくない絶妙のバランス。伝統的な味のシナモンロールは1日100個〜200個も売れる人気商品。

そんなエクベリが10月2日から6日間、松屋銀座に期間限定で出店中!7日(月)までなのでこの機会にぜひ!
※エクベリ期間限定出店の模様をお伝えした記事はこちら

Ekberg(エクベリ)アクセス

営業時間:7:30〜19:00(月〜金)
9:00〜17:00(土、日)
電話:+358 9 6811860
住所:Bulevardi 9, 00120 Helsinki, フィンランド

|シナモンロールは食べ比べが楽しい!

今回は3店舗をご紹介しましたが、他にも多くのカフェでシナモンロールは食べることができます。お店それぞれで味わいや、生地の密度や柔らかさが違ってくるので、フィンランドに訪れた際には、是非ご自身のお気に入りのシナモンロールを見つけに食べ歩きをしてみてください♪




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る