【北欧現地レポート 7日目】 ストックホルム

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Katarinahissen カタリーナヒッセン
LifTe 北欧の暮らし、2020年北欧冬の出張は7日目。6日目に引き続きストックホルム各所を視察します。

7日目は、素材にこだわる人気アイスクリーム店、子供に大人気の施設スカンセン地元っ子おすすめのレストラン、そして、ストックホルムの夜景を高い場所から楽しめる無料穴場スポットもご紹介!

※6日目<後編>の様子はこちら

スポンサーリンク



素材のこだわりが光る絶品アイスクリーム「Kungsholmens Glassfabrik」!-map①

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Kungsholmens Glassfabrik アイスクリーム
ストックホルム市庁舎の近くにあるアイスクリーム店「Kungsholmens Glassfabrik」は、夏場はもちろん、冬場でも多くのお客で賑わいます。

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Kungsholmens Glassfabrik アイスクリーム
人気の秘訣はレシピと素材のこだわり。20年前にオープンしたこのお店では、これまで120種類以上のアイスクリームが作られてきました。アイスクリームに使用する食べられる花"エディブルフラワー"も近郊の森で、自分達で採取した物を使用するそうです。

「Kungsholmens Glassfabrik」に関しては、雑誌「LifTe 北欧の暮らし」VOl.03で詳しくご紹介する予定です♪

親子で楽しめる!動物園や野外スケート場もある「スカンセン」!-map②

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム スカンセン 入り口
次に訪れたのは、スウェーデンの観光地としても有名なスカンセン。有名とは知りつつ実は初訪問。

スカンセンとは、1891年にオープンした野外博物館のことで、広大な敷地には、スウェーデンの伝統的な家屋が建設されています。
LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム スカンセン 地図
入り口の地図を見ても中がとても広大だとわかります。伝統的な家屋が建ち並ぶエリアや、スウェーデンの動物が飼育されている動物園エリアもあります。

LiLiCoの結婚式でも使用された「セグローラ教会」!-map③

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム スカンセン セグローラ教会 LiLiCo結婚式
スカンセン中央部にある、この「セグローラ教会」1729年に建設され1916年にスカンセンに移設された歴史ある木造教会です。

観光名所にありながら、キリスト教の行事で使用されるほか、結婚式の会場としても人気の場所です。

2019年には、スウェーデン生まれのLiLiCoが結婚式を挙げた場所としても注目がされました。

是非内観も見たかったのですが、訪れた日は残念ながらオープンしていなかったため見学は叶いませんでした。

北欧の動物達がいる動物園エリアも侮れない!

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム スカンセン 動物園 オオヤマネコ ヨーロッパパイソン
スカンセンの結構なエリアが使用されているのが「動物園エリア」。普通の子供向けの動物園と思っていたのですが、結構侮れませんでした。

この動物園の特徴は、トナカイエルクなどの北欧特有の動物も多く飼育されているところ。

オオヤマネコやヨーロッパパイソンなどの、日本ではなかなか見ることができない動物も注目です♪

冬であれば、ソーセージ、マシュマロを焼き、アイススケートも楽しめる!

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム スカンセン アイススケート 子供
スカンセン中央部にある広場では、冬場にアイススケート会場もオープンします。まだアイススケートが上手くできない子供向けに、シロクマやペンギンの形の可愛い補助台も使用できます。
LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム スカンセン ソーセージ マシュマロ
その近くには、焚き火が設置されソーセージやマシュマロを焼いて楽しむことも可能なので、このエリアではよく子供達の笑い声が聞こえます。

地元客にも愛されるレストラン「Blue Door」!-map④

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Blue Door Blå dörren
7日目の夜に訪れたレストランは、ストックホルム在住の方にオススメされたレストラン「Blue Door(Blå dörren)」

彼が言うには「スウェーデンの伝統料理を美味しくリーズナブルに食べるならここ!」とのこと。
LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Blue Door Blå dörren 室内
実際に訪れると、ほぼ満席!店内の雰囲気いは抜群で、観光客っぽい人たちも数組いましたが、ほとんどは地元の方の印象

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Blue Door Blå dörren ニシンフライ
この日チョイスしたのは、「ニシンフライ リンゴンベリーとマッシュポテト添え」。ニシンは北欧では歴史的に見ても重要な食材。

ニシンフライは、マイルドな味わいでカリッと揚げられていて、マッシュポテト、リンゴンベリーの組み合わせは最高でした。スウェーデンのビールも豊富に置いてあり、訪れてよかったと思えるレストランでした。

ストックホルムの夜景を高い場所から楽しめる無料穴場スポット!-map⑤

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Katarinahissen カタリーナヒッセン 夜景
この日最後に訪れたのは「Blue Door」から徒歩5分で行ける「Katarinahissen」無料でストックホルムの夜景が高い所から楽しめる場所として人気があります。

上の写真内の突き出ている箇所が展望台です。写真には写っていないですが、右手後ろが「Blue Door」。
LifTe 北欧の暮らし スウェーデン ストックホルム Katarinahissen カタリーナヒッセン 夜景
展望台に上がると、このような光景が広がります。視界が結構開けているので、夜はもちろん、昼間に行っても絶景が楽しめる場所です。

「Katarinahissen」を後にして、7日目は終了しました。

訪れたスポットはここ!

今回ご紹介したお店は、下記のmap内で赤くナンバリングしてマーキングしています。訪れた際は是非ご参考になさってください。
※番号は、各ショップをご紹介している上記記事内見出しの数字とリンクしています(ex:map-①)

8日目前編では、ヴィンテージ食器がたくさん並ぶ「ロッピス(蚤の市)」や、ノーベル賞晩餐会が行われるストックホルム市庁舎ツアーに参加します!

LifTe ~北欧の暮らし~
https://lifte.jp/20200701/
LifTe ~北欧の暮らし~

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!
↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る