【北欧イベント】特別展「デンマーク・デザイン」開催!9月19日(土)から!

LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館
デザイン大国として知られるデンマークは、これまで数々の巨匠を世界に輩出してきました。

シンプルながらも機能性に富み、温かみを感じる傑作の数々200点が一堂に会する展覧会、特別展「デンマーク・デザイン」が、9月19日(土)から"神戸ファッション美術館"で開催されます!

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン 腕時計 オーカーフォーク Arkerfork

デンマーク数々の傑作チェア!

LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館 ヴェルナー・パントン ハートコーンチェア
見所の一つは、過去作られてきた数々の傑作と言われるデンマーク・デザインの椅子。

ヴェルナー・パントン「ハートコーンチェア」

こちらは、1959年にヴェルナー・パントンが発表した「ハートコーンチェア」。インパクトのある形と、ビビッドな色味が印象的な椅子。

下に行けば行くほど細くなり、椅子全体を1点で支えるという驚くべき構造です。

どうしても形状に目がいきがちですが、伸縮性のあるニットを使用しているため、座り心地も抜群で、背もたれがふわっと包み込んでくれるような素敵な椅子です。
LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館 ハンス・J・ウェグナー ピーコックチェア ウィッシュボーンチェア エッグチェア アルネ・ヤコブセン

ハンス・J・ウェグナー「ピーコックチェア」(1947年)【写真左】

ピーコック(孔雀)が羽を広げたような美しい背もたれから名付けられた名作。ハンス・J・ウェグナーは、生涯で500脚以上の椅子を創り上げた巨匠です。

ハンス・J・ウェグナー「ウィッシュボーンチェア」(1950年)【写真中央】

背もたれ部分が「Y」に見えることから「Yチェア」という名前でも親しまれている傑作。座り心地、曲線美はもちろん、軽いので使い勝手も良いことから、多くの人に親しまれています。

アルネ・ヤコブセン「エッグチェア」(1958年)【写真右】

卵の殻をイメージした丸みを帯びたデザインを完成させるために、アルネ・ヤコブセンは、試行錯誤を幾度となく繰り返し、完璧とも言えるフォルムを完成させました。

食卓を彩る デンマーク・デザインの数々

デンマーク・デザインは家具をイメージされる方も多いかもしれませんが、食卓を彩る傑作も数多くあります。
LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館 ロイヤル・コペンハーゲン ブルーフルーテッド フィン・ユール ボウル アルネ・ヤコブセン コーヒーポット クリーマー 砂糖入れ

ロイヤル・コペンハーゲンの「ブルーフルーテッド」(1785年頃)【写真上】

ロイヤル・コペンハーゲンの工房が作られて、最初に製作されたもので、今でもロイヤル・コペンハーゲンの人気アイテムとして知られています。

フィン・ユール「ボウル」(1951年)【写真左下】

家具デザイナーとして著名なフィン・ユールが手がけ、1951年に発表した、無垢のチーク材を贅沢に使った丸みを帯びた「ボウル」は、ため息が出るほど美しい作品。

アルネ・ヤコブセン「コーヒーポット/クリーマー/砂糖入れ(シリンダ・ライン)」(1964年)【写真右下】

特にこのコーヒーポットは、アルネ・ヤコブセンが3年の製作期間をかけて創り上げた傑作で、使いやすさはもちろん、つなぎ目の無い完璧なフォルムが素晴らしい作品です。

子供からも愛される作品、そして現代にも息づくデンマーク・デザイン

デンマーク・デザインは大人のためだけのものではありません。子供にも長年愛されているものもあります。そして、現代にもデンマーク・デザインは息づいています。

カイ・ボイスン「玩具(サル)」

LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館 カイ・ボイスン 玩具 サル 猿 モンキー
1951年に、カイ・ボイスンによって発表された、この木製の「玩具(サル)」は、実は子供用のハンガーとして製作されたものでした。

今では、この可愛らしい表情、そして木の温もりを感じるデザインで、子供用玩具として長年親しまれています。

キビースィ「自転車(PEK)」

LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館 kibisi キビースィ 自転車 pek
キビースィは、3人の建築デザイナーが集まってできたデザインユニット。彼らが2015年に発表したのが、この「自転車(PEK)」。

自転車大国のデンマークらしい、大きなカゴが前面についたタイプのデザイン。

ポウル・ヘニングスン「ペンダント・ランプ(PHアーティチョーク)」

LifTe 北欧の暮らし デンマーク・デザイン 特別展 神戸ファッション美術館 ポウル・ヘニングスン ペンダント・ランプ phアーティーチョーク
1958年に、ポウル・ヘニングスンが発表した「ペンダント・ランプ(PHアーティチョーク)」

光が灯ると、72枚の羽に光が当たり、柔らかい空間を演出する名作です。

コペンハーゲン市庁舎の読書室や、デンマーク・デザイン博物館の正面玄関にも使用されていて、デンマーク照明デザインの傑作の1つとして長年愛されています(写真はコペンハーゲン市庁舎)。

|今回の展覧会に学術協力しているのは、コペンハーゲンの「デンマーク・デザイン博物館」!

LifTe 北欧の暮らし コペンハーゲン デザイン ミュージアム デンマーク
LifTe 北欧の暮らし コペンハーゲン デザイン ミュージアム デンマーク
今回の「デンマーク・デザイン」の学術協力は、コペンハーゲンの「デンマーク・デザイン博物館」。コペンハーゲンの観光名所の一つにもなっている、デンマークデザインの歴史が分かり、そして体験できる貴重なミュージアムです。

常設展だけで2時間ほどかけてじっくり回りたいくらい充実した内容ですが、特に面白かったのが、デンマーク・デザインの象徴とも言える"椅子"がずらりと揃った部屋。斬新な作りで、展示されている椅子の脇には各作品を解説したボードが格納されていて、引っ張り出して読む事ができます。

今回の神戸ファッション美術館の展覧会で、デンマーク・デザインに関心を持たれた方には、ぜひ現地で訪れて欲しい場所です。

アクセス

【特別展「デンマーク・デザイン」】
会場:神戸ファッション美術館
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
会期:2020年9月19日(土)〜11月8日(日)
開場時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日/9月23日(水)※9月21日(月・祝)は開館
主催:神戸ファッション美術館/神戸新聞社/毎日新聞社
後援:デンマーク大使館/サンテレビジョン/ラジオ関西
展示協力:PP Møbler ApS、 Kvadrat A/S
展示協力:大阪樟蔭女子大学
企画協力:株式会社ブレーントラスト
入館料:一般1,000円(800円)/65歳以上・大学生500円(400円)/高校生以下は無料、 ただし小学生以下は保護者(大学生以上)同伴
※( )内は有料入館者30名以上の団体料金
※神戸ゆかりの美術館、 小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引あり
※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!

↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る