日本でノルウェーの味を楽しめる!フグレン アサクサ!

LifTe 北欧のクアし FUGLEN ASAKUSA フグレン アサクサ
今年は、新型コロナウィルスの影響で、まだ海外旅行にいけない状況が続いています。

北欧ファンの方も「北欧に行きたい!」と想いを募らせている方も多いのではないでしょうか。

そんな時にオススメなのが、日本にある北欧本場のお店を楽しむということ。

今回は、ノルウェーコーヒー界を牽引する「フグレン」の浅草店に行ってきました!

スポンサーリンク



コーヒーはもちろん、ブラウンチーズが食べられるのが嬉しい!!

LifTe 北欧の暮らし FUGLEN ASAKUSA フグレン アサクサ コールドブリュー
フグレンは、あのNYタイムズに「飛行機に乗ってまで飲みに行く価値があるコーヒー」と称されたこともあるクオリティの高いコーヒーを提供します。

もちろん、このクオリティは「フグレン アサクサ」でも楽しむことができます。エアロプレスハンドドリップで淹れられるホットコーヒーはもちろん、アイスコーヒー(コールドブリュー)も提供されているので、その日の気分で様々なチョイスができるのが嬉しい!

今回注文したコールドブリューは、フルーティーな香りもあり、さっぱりと飲める味わい。

そして、やっぱり嬉しいのは、ノルウェー名物ブラウンチーズが食べられること。

ブラウンチーズは、山羊の乳牛から作られるチーズで「ゴートチーズ」とも呼ばれます。濃厚な甘さが特徴のブラウンチーズは絶品です!LifTe 北欧の暮らし FUGLEN ASAKUSA フグレン アサクサ ブラウンチーズ サワードウブレッド
今回はサワードウブレッドにブラウンチーズと、サワークリーム、ジャムをトッピングしたものをチョイス。
LifTe 北欧の暮らし FUGLEN ASAKUSA フグレン アサクサ ブラウンチーズ サワードウブレッド
これが、本当に絶品!甘みがあるブランチーズと、酸味を感じるサワードウブレッドが最高の組み合わせなのです♪

ジャムは自家製!サワードウブレッドは「ヴァーネル」!

LifTe 北欧の暮らし FUGLEN ASAKUSA フグレン アサクサ ブラウンチーズ サワードウブレッド 自家製ジャム  ヴァーネル VANER
こだわりをスタッフの方に聞いてみると、なんとジャムは自家製!お店でしっかり作って提供されています。

そして、サワードウブレッドは、2018年にオープンした上野の人気店「VANER(ヴァーネル)」が焼き上げたものを使用しています。

「ヴァーネル」は、ノルウェーを始め、ヨーロッパ各国でパン作りの修行をした店主が、日暮里にオープンしたお店で、本場ノルウェーのパンが買えるということで、ノルウェーファン御用達のお店

フグレンのコーヒー、ブラウンチーズ、自家製ジャム、こだわりのサワードウブレッド。この組み合わせは、まさに最強でした。

フグレン 浅草は、お酒も飲める、ギフト選びにも使える!

LifTe 北欧の暮らし FUGLEN ASAKUSA フグレン アサクサ
フグレン 浅草はもちろんテイクアウトも可能です。それ以外にも楽しみたいのは「お酒」

日本を含めた様々なクラフトビールや、北欧を感じるカクテルなども提供されているので、お酒を味わいながら、ゆっくり楽しむこともできます。

そして、コーヒー豆などももちろん販売しているのですが、このパッケージがお洒落!

自分使いにも、ちょっとしたギフトでも喜ばれる逸品です♪

本場オスロのフグレン

LifTe 北欧の暮らし FUGLEN フグレン オスロ
フグレンの本店は、ノルウェーの首都オスロにあります。創業1963年の老舗カフェで、メインストリートからちょっと外れているのですが、いつ行っても多くの人で賑わっています。

ノルウェーのヴィンテージ家具で設えられたインテリアも素敵で、一人でゆっくりと過ごす方もいれば、友達数人と話に花を咲かせる人もいます。

ここでもコーヒ以外に、ビールやカクテルが提供されるので、自分のスタイルで過ごすことができる素敵なお店です♪

アクセス【FUGLEN ASAKUSA(フグレン アサクサ)】

営業時間:09:00〜19:00(月〜木)
09:00〜22:00(金〜日)
電話: 03-5811-1756
フグレン アサクサ オフィシャルサイト
住所: 東京都台東区浅草2丁目6−15

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!
↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る