ぬいぐるみからエコバックに!?リサラーソンの人気エコバッグに新作が仲間入り!

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン リサ・ラーソン エコバック
今年の夏にデビューし話題となった、リサ・ラーソンの早がわりエコバッグ(収納袋一体型シリーズ)に、早くも新作3種類が登場!

スポンサーリンク




可愛いぬいぐるみがあっという間にエコバックに!?

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン リサ・ラーソン エコバック
エコバッグ本体はタテ60cm、ヨコ48cmで、ちょっとしたものを入れるのにちょうどいいサイズ。

いつもはぬいぐるみの姿だけれど、バッグが必要になったらすぐさまエコバッグに早変わり!

エコバッグとして使用する際は、ぬいぐるみの部分を内側に織り込むこともできます。

猫好きな方に特にオススメです♪

ヴィンテージの陶器作品「LITEN KATT」を元に生まれた3種類のエコバッグ♪

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン リサ・ラーソン エコバック
リサ・ラーソンが1965年に作ったヴィンテージの陶器作品「LITEN KATT」を元にぬいぐるみが生まれ、またそのぬいぐるみを元にこのエコバッグが完成しました。

あのふわっふわのぬいぐるみでもおなじみの「しろのソルト」「ぐれーのペッパー」そして「くろごまさん」の3種類の展開。

ぬいぐるみと同じように顔とボディの生地にも違いを出すなど、可愛いだけじゃなくこだわりもぎゅっと詰まっています。

LifTe 北欧の暮らし スウェーデン リサ・ラーソン エコバック

フックも付いているので、どこへでも連れて行くことも可能です。そして耐荷重量22kgなので、気にせず色んなものを入れることができるのも嬉しい!

リサ・ラーソン 新作エコバッグ紹介ページはこちら

リサ・ラーソン(陶芸家)プロフィール

LifTe 北欧の暮らし リサラーソン  スウェーデン マイキー
1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)
に見出され、スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍。
1979年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けている。日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られる。

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!
↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る