世界一まずい飴 フィンランドの「サルミアッキ」の正体と味は?

LifTe 北欧の暮らし フィンランド サルミアッキ ファッツェル
見た目のインパクト、そして口に入れた時のインパクトで、なかなか日本人の味覚に合わないということで、「世界一まずい飴」として紹介されることがあるフィンランドのお菓子「サルミアッキ」。

フィンランドでは絶大な人気があり、様々な場所で見かけるサルミアッキは、この味わいからなかなか日本では流通しませんが、フィンランド観光のお土産としても人気です。

今回は、そんな不思議なお菓子サルミアッキをご紹介♪
スポンサーリンク



サルミアッキは、何の材料で作られるの?

LifTe 北欧の暮らし フィンランド サルミアッキ ファッツェル
サルミアッキがもつインパクトの1つ、この黒色の正体は、カーボンブラックという食品着色料

実は、欧米ではこの様な色味を持つお菓子は根強い人気があり、「リコリス菓子」(成分にハーブの一種リコリスが含まれるため)という総称で呼ばれていて、欧米諸国でも見ることができます(※)。

そして、色同様インパクトが強いのは「臭い」と「味」です。

鼻を突くような臭いと、塩辛い味の正体は「塩化アンモニウム」。元は医薬品等として輸入されいましたが、これを原料にして作るサルミアッキがいつのまにか嗜好品となり、1930年代にはフィンランドでは普通にお菓子として広く親しまれるようになっています

フィンランドでは、サルミアッキ協会というものがあるほど認知度が高く、古くから発売しているファッツエル(Fazer)社のタブレットが一番メジャーではありますが、そのほかにも様々なサルミアッキが発売されています。

スーパーではサルミアッキ専門のコーナーが!!

LifTe 北欧の暮らし フィンランド サルミアッキ ファッツェル スーパー
フィンランドのスーパーを訪れてびっくりしたのが、サルミアッキで埋め尽くされたコーナー。

サルミアッキが「世界一まずい飴」と紹介されることがあるため、食べたことがない方は飴(キャンディ)のような食感を想像するかもしれませんが、一番馴染みがあるのはちょっと柔らかいグミの食感に近いタイプです。

そして、それ以外にも、サルミアッキアイスや、サルミアッキクッキーサルミアッキゼリー、そしてサルミアッキのお酒など、サルミアッキを使った食べ物、飲み物がとてもに多く販売されています。

※サルミアッキは、リコリス菓子に塩化アンモニウムが加えられたお菓子です

LifTe 北欧の暮らし フィンランド サルミアッキ ファッツェル 映画館
映画館でも、サルミアッキは人気があり、様々なフルーティーな味わいのグミと一緒に、しっかりサルミアッキ味の物も用意されています。
LifTe 北欧の暮らし フィンランド サルミアッキ ファッツェル アドベントカレンダー
クリスマス近くに販売される「アドベントカレンダー」。中にはチョコや小さいお菓子が入っているものもありますが、サルミアッキのみが入った「サルミアッキ アドベントカレンダー」もあります
LifTe 北欧の暮らし フィンランド サルミアッキ ファッツェル アドベントカレンダー
どこを開けても出てくるのはもちろん「サルミアッキ」のみ。好きな方には堪らない、苦手な方にとってはちょっときついアドベントカレンダーです。

フィンランドの方に話を伺うと、サルミアッキは幼い頃から食べているものなので、いわば「懐かしい味」だそうです。

独特な外見と、食感のサルミアッキ。躊躇するかもしれませんが、癖になる人も多いので、フィンランドに行った際には、1度トライしてみるのもオススメです♪

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!
↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る