【週末北欧イベント】マリメッコデザイナー島塚絵里 個展「LOMA」

仕事とプライベートのオン/オフがしっかりしているのが北欧とも言われますが、夏の時期にゆっくりとした休暇を取ることでも知られています。この時期は、サーマーハウスで家族や友人とゆったり過ごしたり、旅行に行ってみたり、過ごし方は人それぞれ。十分な休暇をとり、リフレッシュして、また日常に戻るのが北欧スタイル。フィンランドでは休暇のことを「LOMA」と言い、この休暇を多くの人が楽しみにしています。

|島塚絵里 Exhibition LOMA

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里

今回ご紹介するのは、マリメッコ、サムイ、ヴィンマといったフィンランドブランド、そしてキッピス、ピックサーリといった日本ブランドにもデザインを提供している、フィンランド在住の日本人デザイナー島塚絵里さんの個展「LOMA」です。

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里 casegallery

場所は、代々木公園から徒歩10分程度の場所にある、北欧やテキスタイルをテーマにした展示を行うことでも有名な「CASE GALLERY」。三角の屋根、ガラスと木材の組み合わせが美しく、行き交う人の目を引く佇まいです。

今回の島塚絵里さんの個展は、島塚さんが手がけた日本ブランド、「kippis」(キッピス)、「SU+」(スプラス)、「pikku saari」(ピックサーリ)の作品が展示されています。

|pikku saari

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里 pikkusaari

今回は生地の展示販売が中心ですが、この季節ならではの注目アイテムはこちらの傘。島塚さんが描くデザインは明るく優しさがあります。これから梅雨本番で気が沈む機会も出るかもしれませんが、この傘をさせば心も軽やかになるはずです。

|SU+

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里 su+

様々な地域プロジェクト、地域環境に合わせた建築で話題のUDSが手がけるブランドがSU+。島塚さんが手がけたテキスタイルデザインは、UDSが今年の春にOPENしたホテル「HOTEL LOCUS」で採用されています。フィンランドに渡る前宮古島で生活をした島塚さんは、そこでテキスタイルデザインを志すようになったそうです。

|kippis

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里 kippis

北欧デザイナー達とコラボをして、様々なプロダクツに展開をしているkippis。島塚さんが描いたデザインのランチバッグや、カットクロスも展示。こちらもデザインパターンとカラーバリエーションも豊富で、眺めているだけで楽しい気分になってしまいます。

|大人の為のヒーリングスクラッチアート 北欧時間

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里 スクラッチアート 北欧時間

今回Lifte編集部で注目したのが、こちらの商品。学研から6月18日から発売予定の「大人の為のヒーリングスクラッチアート 北欧時間 ポストカード」。中には6種類のポストカードサイズの用紙と、専用のスクラッチペンが入っています。下絵の通りにスクラッチペンで削っていくと、色が現れてくる面白い仕掛け。完成後は切手を貼ってポストカードとしても使用できますし、額装してインテリアとして飾るのもオススメ。
デザインのアイディアをハガキサイズの用紙に書き留めている島塚さんらしい商品です。

※島塚絵里さんへのインタビューは、雑誌LifTeでもお読みいただけます

|アクセス

LifTe 北欧の暮らし LOMA 島塚絵里_2

6月8日(金)から最終日10日(日)まで、島塚さんもギャラリーにいらっしゃるそうです。島塚さんの作品をみながら、島塚さん流「LOMA」の過ごし方を伺ってみるのも楽しいかもしれません。

【2018年 島塚絵里 Exhibition LOMA 休暇】
会期:2018年6月1日(金)〜10日(日)
会場:CASE GALLERY
時間:12:00〜18:00(金土日は20:00)
住所:東京都渋谷区元代々木町55-6
電話:03-5452-3171

|記事内で登場したブランド、商品はこちら(記事登場順)

SU+
kippis
大人の為のヒーリングスクラッチアート 北欧時間 ポストカード
島塚絵里さんオフィシャルサイト

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る