帰省の手土産でも使えるベーカリー アンデルセン

お盆で帰省する際に、お土産はつきもの。気の利いた物を買っていきたいところですが、時間がなくてささっと買ってしまうこともしばしば。時間がなくても受け手が喜ぶものをチョイスしたいところ。
僕は帰省する際に上野駅を利用するので、今回は北欧ファンにはお馴染み、デンマークのライフスタイルを提案する「アンデルセン」に行ってみました♪

LifTe 北欧の暮らし アンデルセン アトレ 上野店

LifTe 北欧の暮らし アンデルセン TAK 創業70周年

|”パンから始まる ヒュッゲな暮らし” 創業70周年のアンデルセン

実は「アンデルセン」の他にも「リトルマーメイド」や「デニッシュバー」「デニッシュハード」も同じ系列で、皆さんも一度は行ったことがあるかもしれません。歴史を紐解くと創業は1951年、広島で株式会社タカキのパンとしてスタートをしています。その後創業者の高木俊介さんが欧米視察の際に、デニッシュペストリーに感銘を受けて、開発に勤しみ、1967年にベーカリーレストラン「アンデルセン」をオープンします。

創業70周年の感謝の気持ちを込めた「TAKデニッシュ」を販売しています。食べやすいミニサイズのデニッシュペストリー(チョコ、抹茶、瀬戸内レモン、ルバーブ&苺)の詰め合わせたセットは彩も豊かで、お土産に最適です。TAKとはデンマーク語で”ありがとう”の意味もあるので、日頃の感謝を込めて渡すのもオススメ。

LifTe 北欧の暮らし アンデルセン 店内 アトレ上野

LifTe 北欧の暮らし アンデルセン パンダ

ブレットの種類や数がとても豊富。上野店限定の可愛いパンダのパンも注目♪ついついトレイに載せてしまうパンが増えちゃうかも。そして食べるのがちょっと勿体無い・・。

 

|編集部オススメの2品

LifTe 北欧の暮らし アンデルセン デンマーククリームチーズペストリー

「デンマーククリームチーズペストリー」

柔らかいデニッシュの中には粒状のリンゴが入っているので食感が楽しめます。少し酸味のあるクリームチーズはあっさりしていて食べやすく、たっぷり入っているので、食べ応えと満足感があります。

LifTe 北欧の暮らし アンデルセン デンマークソーセージロール

「デンマークソーセージロール」

こちらはなんとデンマーク産のソーセージを使っています。中がふんわりとしたパンと、パリッとした食感のソーセージとの相性はバッチリの一品です!

店内はカフェスペースもあり、購入したパンを店内で食べることも出来るのでお土産選びにはもちろん、休憩にもオススメです。

アンデルセン創業70周年特集ページ

|アクセス

アンデルセンアトレ上野店

住所:〒110-0005 台東区上野7-1-1 アトレ上野 七番街 1F
JR山手線上野駅中央改札口すぐ(グランドコンコース)
電話:03-5826-5842
営業時間:7:30~22:00

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る