【トークイベント】『オンネリとアンネリのおうち』から見るフィンランドらしさと魅力

12月16日(日)に、吉祥寺北欧WALKのイベントとして開催された「フィンランド尽くしの映画特別上映イベント」に参加してきました!

|映画の話に留まらないフィンランドトークイベント

LifTe 北欧の暮らし 北欧WALKイベント 岩間洋介 柳澤はるか 川原悠己
今回のトークイベントゲストは、吉祥寺の北口にあり、通称「北欧通り」とも呼ばれる大正通りにお店を構える「moi(カフェ モイ)」のオーナー岩間洋介さんと、「マッティシリーズ」の翻訳を手がけている柳澤はるかさん。

「北欧通り」を象徴するお店の一つmoi 岩間洋介さん

LifTe 北欧の暮らし moi 北欧通り
moiさんは、吉祥寺北口にある「北欧通り」を象徴するお店の一つでもあり、北欧ファンが足繁く通うお店でもあります。店内の雰囲気が柔らかくて、ついつい長居をしてしまうお店で、岩間さんが淹れるコーヒー、そしてmoiさんのシナモンロールは絶品です。岩間さんは、トークイベントもこれまで数多く実施しており、フィンランドと日本の似ているところ、似ていないところに関してのトークや、フィンランドの映画と音楽についてのトークなどの実績もあります。

※吉祥寺北欧通りを紹介した記事はこちら

愛すべきマッティシリーズ、そしてSISU 柳澤はるかさん

LifTe 北欧の暮らし 柳澤はるか マッティ SISU
柳澤さんは、北欧研究家でもありますが、翻訳家でもあります。フィンランドで2016年に販売され、年間の売り上げ1位(コミック部門)に輝いた『マッティは今日も憂鬱』、続編の『マッティ、旅に出る。』を、今年の9月には『フィンランドの幸せメソッドSISU (シス)』も手がけられた柳澤さんは、フィンランドの自然がとても大好きなのだとか。

※シリーズ1作目『マッティは今日も憂鬱』を紹介した記事はこちら

※シリーズ2作目『マッティ、旅に出る。』を紹介した記事はこちら。

そんなお二人のトークイベント付きの上映作品は、今年の春公開された『オンネリとアンネリのおうち』。2人の7歳の少女が主人公のキラキラした作品で、フィンランドの夏が舞台になっています。

|季節が急に変わるフィンランド

LifTe 北欧の暮らし 岩間洋介 moi
「日本は季節の移り目がありますが、フィンランドは急に季節が変わる」と話すのは岩間さん。「フィンランドの人々は夏を本当に待ちわびていて、夏の太陽になると外でビールを飲んだり、湖や森に行って夏を楽しみます。ヘルシンキは自然が豊富なので、元々緑が多い場所ですが、夏は花が一斉に咲き誇って、緑も一気に濃くなり、本当に魔法にかかったような光景を見ることができます」。

|子供が自立した立場で描かれる

LifTe 北欧の暮らし 柳澤はるか
教育関連にも関心がある柳澤さんは、この作品が「フィンランドの子供に対する姿勢が見受けられます」と話します。「この作品は童話が元になっていますが、主役の少女2人を誰も子供扱いしません。あくまで1人の人間として、それぞれの登場人物が接する。フィンランドの教育というか子供達に接する姿勢がきちんと表現されています」。

|フィンランドと森の関係

フィンランドは森と湖の国と良く表現されますが、そこに関しても面白い話が出ました。まずは岩間さんの森に関するイメージ。「日本人がイメージする森とフィンランド人がイメージする森は違います。日本人は森と言うと鬱蒼と木が生い茂った場所ばかりをイメージしますが、ある方から聞いた話によれば、フィンランド人はたとえ木が3本しか生えていない場所でも、自分がそこにいて、気持ちが落ち着く場所であれば、そこを「森」と表現するのだそうです」。
LifTe 北欧の暮らし 岩間洋介 柳澤はるか
柳澤さんも森はフィンランドの魅力と語ります。「もしフィンランドに今後行く方がいらっしゃれば、森は是非行ってほしい場所の一つです。フィンランドでは森は皆のもので、誰でも自由に入ることができて、自生しているベリーやきのこも採取できます。しかもそんな場所が中心部から電車で20分程のところにあります。フィンランドが自然と身近な存在というのが体験できる場所の一つが森だと思っています」。

|コーヒーとフィンランド

LifTe 北欧の暮らし 柳澤はるか 岩間洋介 トークイベント
岩間さんからは、カフェオーナーらしい視点での作品の見方も。「あるシーンで、コーヒーを注ぐシーンがあるのですが、ヤカンから直接淹れるんです。これは本当にフィンランドらしい。もちろんコーヒーメーカーで作る場合もありますが、ヤカンにコーヒーを入れて、そのまま煮出すような形で淹れるコーヒーの出し方はフィンランドではポピュラーなんです」。

LifTe 北欧の暮らし 焚き火コーヒー サーリセルカ

柳澤はるかさんが、フィンランド北部のサーリセルカで経験した焚き火コーヒーの様子         photo by Haruka Yanagisawa

柳澤さんもフィンランドでその経験があるらしく「私も焚き火コーヒーというのを現地で体験しました。焚き火の上で大きなヤカンにコーヒーを入れて、直火でコーヒーを作るというものでした。炎も強くて衝撃的なんですが、そこでソーセージも一緒に焼かれていて、自然の中で体験したコーヒーとソーセージは、本当に美味しくてとても印象に残っています」と嬉しそうに話します。

このように一つのテーマが振られると、次から次へと興味深いフィンランドトークが出て来て、会場も笑いに包まれるシーンもあり、アットホームな感じの20分程度のトークイベントはあっという間に終了しました。単純にストーリーを追って行くというのも一つの映画の観方ですが、視点を変えて観ると作品の魅力は大きく増すということを感じたトークイベントでもありました。

|『オンネリとアンネリのおうち』絶賛 DVD & Blu-ray 発売中!

LifTe 北欧の暮らし オンネリとアンネリのおうち

今回のイベントで上映された『オンネリとアンネリのおうち』のDVD&Blu-rayは絶賛発売中です!是非色んな観方で、何回も観てフィンランドらしさを色々と発見してみてくださいね!

DVD&Blue-ray仕様

オンネリとアンネリのおうち DVD
¥3,800(税別) TCED-4269
【DVD仕様】2014年/フィンランド/カラー/本編80分+予告編/16:9ビスタサイズ/片面1層/音声:①フィンランド語DD・5.1ch②日本語DD・2ch/字幕:①日本語字幕②日本語吹替用字幕
※仕様は変更となる場合がございます。
【封入特典】フィンランド語(日本語対訳付き)台本
【特典映像】予告編(3分33秒)、フィンランド語のお勉強(5分41秒)
【発売元】アット エンタテインメント
© Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.

オンネリとアンネリのおうち Blu-ray
¥4,700(税別) TCBD-0778
【Blu-ray仕様】2014年/フィンランド/カラー/本編80分+予告編/1080p High Definition 16:9/1層/音声:①フィンランド語DTS-HD ・5.1ch②日本語DTS-HD ・2ch/字幕:①日本語字幕②日本語吹替用字幕 ※仕様は変更となる場合がございます。
【封入特典】フィンランド語(日本語対訳付き)台本
【特典映像】予告編(3分33秒)、フィンランド語のお勉強(5分41秒)
【発売元】アット エンタテインメント
© Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.

|記事内で紹介した作品、ゲストはこちら(掲載順)

SNS:「moi オフィシャルtwitter
SNS:「柳澤はるかさん オフィシャルtwitter
SNS:「マッティ オフィシャルtwitter
書籍:『マッティは今日も憂鬱
書籍:『マッティ、旅に出る。
書籍:『フィンランドの幸せメソッドSISU (シス)
DVD&Blue-ray:『オンネリとアンネリのおうち

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る