【北欧旅日記】5日目 ストックホルム→コペンハーゲン<後編>

2019年冬の北欧出張5日目は、ストックホルムを中心に回り、夜はコペンハーゲンという行程。5日目前編の様子はこちら。

|ミレニアムの舞台!!!

LifTe 北欧の暮らし 小説 ミレニアム ミカエルの自宅
ガムラスタンを後にして、ガムラスタンの南に架かる橋を渡り、Södermalm(セーデルマルム)へ!この地域は、僕が愛して止まない小説「ミレニアム」の舞台となっているエリア。まずは、ミレニアムシリーズの主人公、ミカエル・ブルムクヴィストの自宅へ。もちろん中に入ることはできず外観を眺めるだけ。
LifTe 北欧の暮らし 小説 ミレニアム ミカエル自宅側
訪れた時間帯は夕方ですが、すでに辺りは暗くなっており、人通りも少ない。何か事件が起こるかも、、そんな妄想に駆られているのは、多分僕だけ。

ミカエル・ブルムクヴィスト自宅 アクセス

住所:Bellmansgatan 1, 118 20 Stockholm, スウェーデン

ミカエルの自宅側にはあのお店も!

LifTe 北欧の暮らし 小説 ミレニアム the bishops arms

そこから目と鼻の先には、小説にも登場するパブ「The Bishops Arms」が!!!ミレニアムのシリーズ4作目の前半で彼がリーヌスに呼び出されたお店で、彼はこのパブがお気に入り。ここに通う常連客達と、酔っ払いながら歓声を上げたり、無駄話をする時間が特に好きで、ミカエルがこのエリアに住居を構えている理由の1つにもなっているそうです。僕が訪れた日、外は人通りがまばらでしたが、店内はほぼ満員。それぞれのグループが楽しそうに思い思い語っている。彼がこの店を気に入っている理由が体感できて大満足。
LifTe 北欧の暮らし 小説 ミレニアム the bishops arms ビール
今回は、入ってビールを1杯飲むくらいしか時間がなかったのですが、次回訪問時は、様々なミレニアムに登場するシーンを切り取りたいと強く想い、お店を後に。。

The Bishops Arms アクセス

営業時間:16:00~22:00(月・日)/16:00~00:00(火~木)/16:00~01:00(金・土)
電話:+46 8 556 921 18
住所:Bellmansgatan 12, 118 20 Stockholm, スウェーデン

ミレニアムの魅力を熱く語ってしまった記事はこちら

|エステルマルム市場からキキロードへ

LifTe 北欧の暮らし エステルマルム市場
北欧はフィンランドもそうですがマーケット巡りが面白い場所でもあります。ストックホルムを代表するマーケットは、やはり「エステルマルム市場」。雰囲気がある外観も人気の要因ですが、残念ながら現在改装中とのこと。ただ、その近くの広場に仮の建物で運営をしているということなので、その様子を見に行ったのですが、仮と言いながらしっかりおしゃれな設えにびっくり。
LifTe 北欧の暮らし エステルマルム市場 魚 サーモン
地場の新鮮な野菜や果物、見たこのもないような大きな魚、そして圧倒的な種類のチーズ、肉製品などなど、見ているだけで楽しい場所ですが、フードやドリンクを提供する店も多いので、マーケット内でお酒を飲みながらご飯を食べているシーンが至る所で見ることができます。このエリアはストックホルムでも高級エリアに属していて、海外ブランドのショップも近隣にあります。ワインやシャンパンを飲みながら、食事をとるという、ちょっと落ち着いた雰囲気も感じる空間でした。
LifTe 北欧の暮らし 魔女の宅急便 橋
市場を後にして向かったのは、Kungsgatan(クングスガータン)通り。ここに架かる橋が『魔女の宅急便』に出て来た橋と言われています。主人公キキが最初に街に降り立って、バスにぶつかりそうになるシーンで出て来るあの橋です。この通りは、ファンの方の間では「キキロード」と呼ばれ、「魔女の宅急便」が好きな方の多くはこの場所を訪れるそうです。

|ストックホルム老舗カフェ「Vete-Katten(ヴェーテカッテン)」

LifTe 北欧の暮らし ストックホルム ヴェーテカッテン
ストックホルム最後に訪れたのは、「Vete-Katten(ヴェーテカッテン)」。1928年創業の老舗カフェで店内は驚くほど広い。普通のパン、サンドイッチはもちろん、シナモンロールやケーキなども販売されています。時期的にセムラが気になるところですが、今回ここに訪れた目的は「プリンセスケーキ」。

「プリンスケーキ」は、スウェーデンの3人の王女が好きだったために、この名前になったそうですが、独特なのが見た目。中は層になったスポンジケーキで、外側に緑色のマジパンがコーティングされます。この緑色が自分にとっては結構衝撃的で、いつか本場スウェーデンで食べたいと思っていたのでした(抹茶ケーキも緑色なのですが、、)。
LifTe 北欧の暮らし ストックホルム ヴェーテカッテン プリンセスケーキ
マジパンに甘いイメージがあったので、「プリンセスケーキ」は、正直甘みが強いケーキだと思っていたのですが、ヴェーテカッテンのプリンスケーキは、美味しい!中にベリーのソースが入っていて、甘みと酸味のバランスが絶妙。マジパンの甘みも抑えられていることもあり、コーヒーとの相性が抜群。ただ、ちょっと量が多いので、このハーフサイズがあれば一番いいなぁと感じました。

Vete-Katten アクセス

営業時間:07:30~20:00(月~金)/09:30~19:00(土・日)
住所:Kungsgatan 55, 111 22 Stockholm, スウェーデン

|ストックホルムからコペンハーゲンへ!

LifTe 北欧の暮らし ストックホルム 電車 アーランダ空港
ストックホルム巡りは、これで終了。日本のイエロードクターを彷彿させる、黄色の電車で一路スウェーデンの玄関「アーランダー空港」へ!予定していたフライトが遅延だったため、空港で夕食を取ることに。

LifTe 北欧の暮らし アーランダ空港 ファルコン ビール

せっかくなので、スウェーデンでも長く親しまれているビール「FALCON(ファルコン)」を選択。飲み口もさっぱりしていて飲みやすい印象。付け合わせはエビがたっぷり入ったサンドイッチ。

コペンハーゲンの空港では24時間営業のミッケラー!

LifTe 北欧の暮らし コペンハーゲン空港 ミッケラーバー
コペンハーゲン空港に降り立ったのは、すでに深夜1時を回ったあたり。ほとんどのお店は閉まり、降り立った人々も足早に出口へ向かいます。ただ、ミッケーラーバーだけが光り輝いている!なんでもミッケラーバーは24時間営業をしているらしく、その日も深夜に関わらず1人カウンターでビールを楽しんでいました。時間があれば1杯飲みたいところですが、ホテルチェックインに向かいます。

LifTe 北欧の暮らし コペンハーゲン中央駅

ホテルはコペンハーゲン中央駅付近。空港から車で20分弱。到着したら2時過ぎ。。5日目、終了です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る