本場でセムラ/ラスキアイスプッラを楽しもう!お勧めカフェまとめ♪【2020年版】

年明けからイースターまでに、スウェーデン、フィンランドでよく食べられるスイーツは、それぞれセムラ(スウェーデン)ラスキアイスプッラ(フィンランド)と呼ばれ、街のカフェはもちろん、スーパーやレストランでも提供されます。

今回は"2020年版 LifTe 編集部オススメ セムラ/ラスキアイスプッラ"をご紹介!

スポンサーリンク



Contents

🇸🇪 創業1920年!ストックホルムを代表する老舗カフェ「Tösse」のセムラ!

LifTe 北欧の暮らし スウェーデンストックホルム TOSSE トッセ 老舗カフェ 有名カフェ
昨年100周年を迎える老舗中の老舗カフェの「Tösse」。Tösseは通称で、正式名称は「Tössebageriet」。

"bageriet"はベーカリーというスウェーデン語で、その名の通り、ここはシナモンロールやサンドイッチがとても充実していて、朝、お昼時や夕方は多くの方がパンを求めにやってきます。

Tösseはスイーツにも定評があり、セムラを食べやすくした「ラップセムラ」を販売して多くのメディアにも取り上げられましたこともあります。

食べやすくて油断すると食べ過ぎてしまう「Tösse」のセムラ!

LifTe 北欧の暮らし スウェーデンストックホルム TOSSE トッセ 老舗カフェ 有名カフェ セムラ
Tösseのセムラは、クリームがあっさりしているので食べやすいのが特徴。

他のお店と比較してもクリームの量は多い方に入りますが、しつこい甘みがないので、あっという間に完食してしまいます。

Tösseは、店外に数席用意されているので、晴れていたら外で食べるのがオススメです。

目の前はお洒落なお店やカフェが並ぶKarlabagen通りなので、ゆっくり人の流れを見ながらセムラを食べると本当に幸せな時間になります♪

🇸🇪ガムラスタンに行ったら訪れたい人気カフェ「Under Kastanjen」のセムラ!

LifTe 北欧の暮らし セムラ食べ歩き ガムラスタン Under Kastanjen
観光地で有名なストックホルム旧市街のガムラスタン。

いつ訪れても観光客が多いエリアですが、外しちゃいけないのが、お店の前に大きな栗の木がそびえ立つカフェ「Under Kastanjen」。

お店の名前もそのまま「大きな栗の木の下」と言う意味なんです。

バランスが取れてる「Under Kastanjen」のセムラ!

LifTe 北欧の暮らし セムラ食べ歩き Under Kastanjen ガムラスタン
色々セムラを食べ歩いていると、ちょっと甘さが強かったり、カルダモンの甘さや香りが強すぎたりするところもあるのですが、ここのセムラはバランス感が抜群!

カルダモンの染み込み具合と、クリームの程よい甘さが絶妙で後味も素晴らしい出来。

個人的には今回紹介するセムラの中ではNo.1でした。

🇸🇪ストックホルム市立図書館から徒歩圏内!「Caffe Nero」のセムラ!

LifTe 北欧の暮らし セムラ食べ歩き ストックホルム Caffe Nero
世界一美しいと評されることも多いストックホルム市立図書館から徒歩数分の場所にあるのが「Caffe Nero」。

ストックホルム市内でも数店舗展開をしているチェーン店です。コーヒーへのこだわりもありますが、店内の居心地の良さも秀逸。

訪れたSveavagen店には、ソファー席もあり長く滞在するお客が多い様子。

「Caffe Nero」のセムラはオーソドックススタイル!

LifTe 北欧の暮らし セムラ食べ歩き ストックホルム Caffe Nero
ここのセムラはオーソドックスなスタイル。カルダモンが練りこまれた甘めのパン生地に、クリームとアーモンドペースト。

僕たちが注文した後に、ショーケースを覗きに行ったら本日のセムラは既に売り切れていました。

チェーン店でありながらも、しっかりとした味わいのセムラを食べられるお店です。

🇫🇮海を見ながら堪能できる「Cafe Ursura」のラスキアイスプッラ !

LifTe 北欧の暮らし ラスキアイスプッラ食べ歩き ヘルシンキ Caffe Ursura
ヘルシンキ最南端付近にある海辺に面した「Cafe Ursura」。

映画『かもめ食堂』のロケ地としても有名ですが、美味しいランチ、食事系のサンドイッチ、スイーツも美味ということで客足が絶えないカフェ。

中の設えも素敵ですが、やっぱり外で海を見ながらゆったりと過ごす時間は至福の時です。

「Cafe Ursula」のラスキアイスプッラは海を見ながらがおすすめ!

LifTe 北欧の暮らし ラスキアイスプッラ食べ歩き ヘルシンキ Caffe Ursura
「Cafe Ursula」のラスキアイスプッラは、オーソドックスなスタイルですが、カルダモンが軽めな印象。

訪れた日は曇り空でやや寒い日でしたが、テラスの上部にはヒーターも設置されていて、暖を取りながらゆっくりと味わうことができました。自然を身近に感じながら食べるとさらに美味しく感じること請け合いです。

🇫🇮ヘルシンキ中心部使い勝手の良いカフェ「Cafe Java」のラスキアイスプッラ!

LifTe 北欧の暮らし ラスキアイスプッラ食べ歩き ヘルシンキ Caffe Java
ショッピングセンターもあるカンピエリアは、ヘルシンキ中心部。

「Cafe Java」は比較的早い時間帯からオープンし、夜遅くまで営業をしているのと、2F席もあり広い店内なのでとても使い勝手の良いカフェです。

ジャムがたっぷり入った「Cafe Java」のラスキアイスプッラ!

LifTe 北欧の暮らし ラスキアイスプッラ食べ歩き ヘルシンキ Caffe Java
「Cafe Java」のラスキアイスプッラには、ラズベリージャムがたっぷり入っています。

フィンランドのラスキアイスプッラは、中身がオーソドックスなアーモンドペーストパターンと、ラブベリーやストロベリーのジャムが入ったパターンの2種類を良く見ます。

個人的には、ジャムパターンの方が好きなので、ここのラスキアイスプッラもお気に入りです。

🇫🇮変わり種のラスキアイスプッラが食べられる「Levain」

LifTe 北欧の暮らし ラスキアイスプッラ食べ歩き ヘルシンキ フィンランド Levain
岩の教会と言われ、ヘルシンキ観光名所の1つとして数えられるテンペリアウキオ教会から徒歩数分の場所にあるカフェが、この「Leavin」。

クラフトバーガーを始め、しっかりと美味しい食事も食べられることでも地元では有名ですが、ここにちょっと変わったラスキアイスプッラがありました。

「Levain」のラスキアイスプッラはコッペパン型?

LifTe 北欧の暮らし ラスキアイスプッラ食べ歩き ヘルシンキ フィンランド Levain
ここのラスキアイスプッラは、ご覧の通りコッペパンのような形をしています。

上に乗っているクリームもオーソドックスなアーモンドペーストタイプと、ベリーのクリームが用意されています。

当たり前ですが、食べるとしっかりラスキアイスプッラの味わい。

ラスキアイスプッラは、お店ごとに趣向を凝らしているので、変わり種を探すのも楽しいですよ♪

🇩🇰番外編:コペンハーゲン最古のケーキショップ「LA GLACE」のファスタラウンスボッラ!

LifTe 北欧の暮らし ファスタラウンスボッラ食べ歩き コペンハーゲン LA GLACE
この時期は、デンマークでも同じようなスイーツが登場します。デンマークでは「ファスタラウンスボッラ」と呼ばれ多くの人が舌鼓を打ちます。

「LA GLACE」はコペンハーゲンの老舗カフェとしても有名で、良質なスイーツを食べに多くの地元客、観光客が足を運ぶ店です。

硬めの生地が特徴 「LA GLACE」のファスタラウンスボッラ

LifTe 北欧の暮らし ファスタラウンスボッラ食べ歩き コペンハーゲン LA GLACE
「LA GLACE」のファスタラウンスボッラは、硬めの生地が特徴です。

ここのファスタラウンスボッラは、チョコレートがかかっているものも有名。

ちょっとデニッシュを感じさせる味わいはデンマークならではと言えるかもしれません。

訪れたカフェはここ!アクセスマップ

今回ご紹介したカフェを赤いマークでマッピングしました。実際に訪れる際に、是非ご参考になさってください♪

🇸🇪オススメのセムラを食べられるカフェはここ!

🇫🇮オススメのラスキアイスプッラを食べられるカフェはここ!

🇩🇰オススメのファスタラウンスボッラを食べられるカフェはここ!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!
↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る