スウェーデンの人気クラフトビール オムニポロがいよいよ日本初オープン!!


スウェーデンの人気マイクロブリュワリー「オムニポロ」が、いよいよ8月1日(土)日本橋兜町にオープンするということで、取材に行ってきました!

今回「オムニポロス トウキョウ」という名前でお店を構えたのは、なんと70年以上も続いた鰻屋の建物。お店の前に立っただけでワクワク感が募ります。

スポンサーリンク



スウェーデンのクラフトビールを代表する「オムニポロ 」


スウェーデンを代表するマイクロヴリュワリー「オムニポロ」は、2010年にストックホルムで誕生しました。

ビールの原料のクオリティを大事にしながらも「人々のイメージを根底から覆すこと」をモットーにする彼らの姿勢は、多くの人々に受け入れられ、現在は40カ国以上で販売されるほどの人気ブリュワリーに成長しました。

日本でも、数年前から輸入が始まっており、最近はイケアのみで販売された、フルーティーな低アルコールクラフトビールが話題になりました。
※イケアで販売されているオムニポロの記事はこちら

なぜ「オムニポロス トウキョウ」は日本橋兜町を選んだのか


「オムニポロ 」を立ち上げたヘノク・フェンティ(写真右)と、カール・グランディン(写真左)が、日本を訪れた際に出会ったのが、今回出店する元鰻屋の木造建築。

その佇まいや雰囲気は、まさに彼らが求めていたものだったそうです。

スウェーデンではビール醸造の歴史は長く、実に1,000年以上続いています。2010年に誕生した「オムニポロ」は、伝統的な空気に身を置きながら、新しいビール作りに挑戦をしてきました。

この歴史ある木造建築で、お店を構えるというのは、彼らにとってはとても自然な流れだったのです。

定番から遊び心溢れる「オムニポロ」らしいクラフトビール!


「オムニポロス トウキョウ」では、常時11種類のタップが用意されています。

フルーティーさを感じる軽やかなピルスナー「PERIKLES RUSTIC PILS」。オムニポロを代表する、苦味を感じるけど後味が爽やかなハウスIPAの「ZODIAK HOUSE IPA」。オムニポロらしい、ラズベリーやメープルシロップがふんだんに取り込んだデザートビール「Bianca Raspberry Lassi Gose Soft Serve」などなど。

そして、カウンターに置かれたアイスクリームマシンを活用して作られるのが「AON PECAN MUDCAKE SOFTSERVER IMPERIAL STOUT」。

コーヒー、チョコレート、キャラメルの甘さと、香ばしさ、そして苦味が味わえるビールを、そのまま凍らせ、フローズン状に!

ビールを注ぎ、その上にアイスをトッピング。まさにイメージを覆されるビールです。

注ぐ前に1個1個洗浄する心遣い


ビールを注ぐタップに設けられた洗浄機械。注ぐ前に、1度洗っているジョッキやグラスを、再度必ずこちらで洗浄をかけてビールを注ぎます。

作ることはもちろん、注ぎ終わるまでをしっかり考える素晴らしい心遣い。

意外性があるのはビールだけじゃない!ホットドッグも注目!


「オムニポロス トウキョウ」で食べられるホットドッグもちょっとイメージを覆されます。

真ん中はベーシックタイプで、ソーセージに、ネギ、フライドオニオン、マスタード、そしてピクルスとみじん切りした赤玉ねぎという組み合わせ。

左は、ビーガンやベジタリアンの方でも食べられる「ベジドッグ」。中に入っているお肉のようなものは"フムス"。そこにアボカド、パクチー、発酵した大根、菊の花(!)、黒にんにくのパウダー。

右は鮮烈な赤が印象的なホットドッグ。中の肉は、自家製のチャーシュー!そして和がらし、発酵させた赤キャベツ。

素材の組み合わせで味の変化を楽しむめるので、色々なビールに合わせてみたいホットドッグです。

スウェーデンデザイナーオブザイヤー受賞者が手がけた内装!


「オムニポロス トウキョウ」に行ったら、チェックしたいのはビールやフードだけじゃありません。こだわった内装も素晴らしい出来栄えです。

壁面は鮮やかな青、清潔感のある白、天井は元の木造がそのまま見えるようなデザイン。歴史と新しさという、まさに「オムニポロ」のコンセプト。

天井の一部はガラスになっているので、昼間は日の光も入ります。設置されたおしゃれな照明の光も柔らかく、夜はまた別の表情を見せてくれます。

この素敵な内装デザインを手がけたのは、スウェーデンのデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、フレドリック・ポールセンが手がけています。

グラデーションがかかった、店内のバーカウンター、そして机も彼が手がけていて、実際に作っている様子をこちらから見ることができます。

トイレの入り口もおしゃれ!!


トイレの前にある壁面は、曲線でくり抜かれていてます。特にトイレから出て、客席の方を見たときの、白と青のコントラストは、アートを感じます。

そして、トイレは3つ個室があるのですが、びっくりしたのはトイレのドアに男女表記がないこと。

つまり、性別関係なく、どのトイレを使って良いということ。ジェンダーフリーが日本より進んでいるスウェーデンらしいところでした。

「オムニポロス トウキョウ」オリジナルグッズも!


「オムニポロ」は、単純なブリュワリーではなく、ライフスタイル自体を提案しようとしています。

今回その表れとして販売されるのが、「オムニポロ」のアートワークがデザインされたTシャツ。Tシャツの表、裏にそれぞれ違うデザインが施されています。

また、店内でビールを飲む際に使われるジョッキとグラスも、店内で購入できるのも嬉しいところ。

自宅に帰っても「オムニポロ」気分を味わえちゃいます♪

個性あるスタッフのお陰で居心地の良い空間


※撮影のためマスクを外してもらっています。営業時にはスタッフ全員マスク着用なのでご安心ください。

「オムニポロス トウキョウ」に訪れて感じたのは、スタッフの接客の良さと個性

元小学校教師で、コーヒーのバリスタを目指しノルウェーに渡り、日本に戻りクラフトビールに魅力を感じ「オムニポロス トウキョウ」の一員になったスタッフ。

アメリカのクラフトビール業界に身を置き、北欧のクラフトビールにも触れるようになり知識が豊富なスタッフ。

それぞれが自分の強みを持ちながら、そして接客を心から楽しんでいる様に感じます。

このスタッフ達であれば、クラフトビールに詳しくない方には、オススメを気持ちよく教えてくれるでしょうし、クラフトビール好きの方との話も弾むはず。

今回アジア初の出店となる「オムニポロス トウキョウ」は、居心地が良く、とても素敵な空間です。

オープン1週間は、ソーシャルディスタンス徹底のため完全予約制

8月1日〜8月7日の期間は、ソーシャルディスタンス徹底のため、完全予約制となっております(2週目以降は調整中)。
オムニポロス トウキョウ予約ページはこちら

アクセス

【オムニポロス トウキョウ】
営業時間: 15:00〜22:00(8/1〜8/7)
15:00〜23:00(8/8〜)[フード L.O. 21:30/ドリンク L.O. 22:30]
定休日:水曜日(8/5は営業)
住所: 東京都中央区日本橋兜町9-5

|北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe!

地元客にも長年愛される北欧各国の絶品レストラン

人気ブランドのテキスタイルデザイナーが明かす制作秘話!

そして観光定番から最新スポット情報も!

北欧の今を知ることができるライフスタイルマガジンLifTe「Vol.01」「Vol.02」は、絶賛発売中!
↓ ↓ ↓ ↓

北欧ライフスタイルマガジン「LifTe vol.02」

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る