話題沸騰!フィンランド発祥のスポーツ 「モルック」の楽しみ方!

年末年始に様々なメディアで取り上げられた、フィンランド発祥のスポーツ「モルック」ルールをきちんと教えて欲しい、どこで購入できるのかなどのお問い合わせも多かったので、今回分かりやすくご紹介します!



|これだけ覚えておけば大丈夫!モルック基本ルール!

モルックに必要な道具は?

LifTe 北欧の暮らし モルック フィンランド ルール
まず必要になるのは、もちろんモルックをするための道具。

最低限必要なものは、こちらの「モルック」と呼ばれる投げる木の棒(本場フィンランドのモルックは白樺で作られています)と、数字が1本1本書かれている「スキットル」と呼ばれる12本の木の棒。これだけでモルックはできちゃいます。

あと、投げる位置の目安になるように置かれる「モルッカーリ」があると便利ですが、こちらは無くても十分モルックは楽しめます。

モルックをプレイする人数はどれくらい必要なの?

LifTe 北欧の暮らし モルック フィンランド ルール
次にプレイ人数ですが、モルックは対戦形式。つまり2人いればプレイが成立します

2人で交互に投げていく、これだけで充分モルックの楽しみは体験できるはずです。

ちなみに、公式大会などでは、1チーム3人程度の対抗戦となることが多いため、4~6人いると、より深くモルックを楽しめます。

モルックは、どういう風にプレイするの?

LifTe 北欧の暮らし モルック フィンランド ルール
続いてプレイ方法です。まず数字が書かれている棒「スキットル」を上記のような形に並べます。

必ずこの順番で並べるので、並べる際は写真を撮っておくか、スクリーンショットを保存しておくかして、見ながら並べるのがオススメ(何回かプレイすると自然と配置順は頭に入ってきます)。

スキットルから、3~4メートル離れた場所に目印をつけます。この目印が本来「モルッカーリ」になりますが、無い場合は線を書いてしまうか、棒などを置いておけばOK。

そして、この目印からはみ出ないように、モルックを交互に投げ合ってスキットルを倒していくのです。

モルックの投げ方は?倒したスキットルはどうするの?

LifTe 北欧の暮らし モルック フィンランド ルール
モルックの投げ方は「下手投げ」です。野球のように上から投げてはダメ。ソフトボールのように下から投げるのがルールです。

下手投げであればモルックの持ち方は自由です。モルックの中央部分を持ってイラストの様に投げても良いですし、モルックの端を持ってモルックを縦にして投げても大丈夫。

倒れたスキットルは、倒れた場所でまた立て直して、その後次の人が投げます。この「その場で立て直す」というのがモルックが面白い理由の1つ。

ゲームが進んでいくと最初は塊だったスキットルがどんどん離れていくのです。

得点方法は?

LifTe 北欧の暮らし モルック フィンランド ルール
得点カウントの仕方が面白いのもモルックの魅力。

まずスキットルが1本倒れた場合、スキットルに書かれた「数字」が、そのまま得点になります。

スキットルが2本以上倒れた場合は、倒れた「本数」がそのまま得点になります。

そして、倒れたスキットルが重なっていた場合は、完全に倒れていないスキットルはカウントされません。

上部イラスト右のパターンだと「10のスキットルが1本だけ倒れている」という形になるので10点となります。

どうやったら勝敗がつくの?

LifTe 北欧の暮らし モルック フィンランド ルール
最後に勝敗方法です。交互にモルックを投げ、スキットルを倒し得点を重ねていき、最終的に「50点ピタリ」になった方が勝ちです。

そして、プレイしていると度々起こるのが「50点を超えてしまう場面」。その場合は、投げ手の点数は25点に戻り、また50点を目指します。

また、3回続けてミス(スキットルを1つも倒せない)した場合は失格となります(チームで行っていれば失格者はその後投げられなくなる。2人でプレイしていた場合その時点で勝敗が決定)。

スポンサーリンク




|モルックはなぜ面白いのか

LIfTe 北欧の暮らし モルック フィンランド
以上がモルックのルールです。これを覚えておけば誰でもモルックを楽しむことができます。

なぜ、モルックにハマる人が増えているのでしょうか。プレイすると分かるのですが、投げる=倒すというシンプルな部分と、どう50点を目指すか、またはどう相手を50点にさせないかという「戦略性」の2面性がモルックで体験できるからだと思います。

そしてモルックが「誰でも」プレイできるというのも大きなポイント。ルールがわかれば小さいお子様も参加できますし、お年を召した方も充分に楽しめます。男性の方が有利、女性の方が上手いということもありません。

モルックのキットがあり、2人以上集まるシーンがあれば楽しむことができる。それがモルックなのです。

|モルックはどこで購入できる?

モルックの人気が高まるにつれて購入可能な場所も少しずつ増えている様です。

でもせっかくやるのであれば、本場フィンランド、そしてモルックのワールドカップに使用される公式のモルックがオススメ(僕もこれを使ってます)。ただ、重量がそこそこあるので、通販で購入すると便利です。

モルックは基本、公園などの外でやるスポーツなので、そこに持っていく必要があります。その際は、木の箱は持って行かずに、スキットルとモルックのみをトートバッグに入れて持っていくと運びやすいですよ!

モルックがスキットルに勢いよく当たると「カーン!」という綺麗な響き渡る音が出ます。その音がなんとも気持ちがいいということも、個人的にはモルックの好きなところ。是非この機会に、フィンランド発祥のモルックを体験して見てください♪

※イラスト提供 OHSサプライ合同会社




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る