【北欧旅日記1日目】ヘルシンキ

|到着すると感じるフィンランドらしさ

LifTe 北欧の暮らし 北欧旅日記 フィンランド フィンエアー ヴァンター空港 雪
到着したらそこは一面の雪。風も強め。言うなれば吹雪。前回もそうでしたが、この雪に当たるとフィンランドに来たなと感じます。
LifTe 北欧の暮らし 北欧旅日記 フィンランド ヴァンター空港 alepa アレパ
到着の出口を抜けると一番先に目に入るコーヒーショップがスターバックスという違和感を感じながらも、スターバックスと対面にあるスーパーマーケット「Alepa」で、チョコレートラインナップの豊富さを見て満足。
LifTe 北欧の暮らし 北欧旅日記 フィンランド フィンエアーバス finnair
Finnairのバスでヘルシンキ中央駅へ向かいます。ヘルシンキ中心地までの行き方は、もちろんバス、タクシーや電車という手段もありますが、このFinnairのバスがお気に入り。到着口を出てすぐ目の前の「10番」乗り場から20分感覚で運行しているというのは分かりやすくて個人的にポイントが高い。支払いはクレジットカードで済みますし、車内ではwi-fiはもちろん使用可能。車窓から少しずつ市街地に入っていく様子を眺めるのがなんとなく好きなんです。ヘルシンキヴァンター空港から、ヘルシンキ中央駅まで混んでいなければ大体30分で到着します(片道6.7ユーロ)。

|早くも降りるヘルシンキの帳

日本からのFinnair直行便だと、だいたい到着するのが15時過ぎ。入国審査や荷物受け取りなどをしていると大抵16時前後という時間になります。到着した1月末という時期だと、すでにあたりは帳が降りて薄暗い景色。これも北欧らしいところ。ということでヘルシンキ中央駅に着いた頃(17時頃)にはすっかり夜というヘルシンキなのでした。

まずはホテルにチェックイン。明日オスロに移動ということで1泊のみの滞在。ただホテルの場所を間違い(系列店が近くにあったため)重いトランクを長時間引きずる羽目に。。やはり雪が積もった状態でのトランク移動は想像以上に辛い。50m進んでは休むを繰り返してようやくチェックイン。

|ヘルシンキの人気クラフトバーガー「Morisson's」

LifTe 北欧の暮らし 北欧旅日記 フィンランド クラフトバーガー morrison's
この日の夜は、最近ヘルシンキでも多くなって来ているという噂の、クラフトバーガーを提供するお店「Morisson's」へ。安定の「Hess burger」や「Burger King」とは違うしっかりと時間をかけて作るハンバーガーに北欧らしさは感じませんが、味と量に大満足。やっぱり美味しいものを食べると長旅の疲れが和らぎます。

アクセス

【Morisson's】
営業時間:11:00〜22:00(月〜木)
11:00〜23:00(金)
12:00〜23:00(土)
13:00〜22:00(日)
電話: +358 50 4432125
住所: Ateneuminkuja 1, 00101 Helsinki, フィンランド

LifTe 北欧の暮らし 北欧旅日記 カンッピ礼拝堂 AMOS REX ヘルシンキ フィンランド 雪
寝る前に宿泊先の近くにある、以前LifTeでもご紹介した「カンッピ礼拝堂」「AMOS REX」や、スニーカーブランド「カルフ」の旗艦店等を覗き(全て閉まっていました)、就寝。

※カンッピ礼拝堂を紹介した記事はこちら

※AMOS REXを紹介した記事はこちら

北欧の2週間が幕を開けました。

北欧旅日記2日目に続きます






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

sponsored

sponsored

ページ上部へ戻る