【北欧週末イベント】広尾で買える北欧の生活雑貨!

各地で桜の開花が進み、外出が楽しくなる季節になってきました。北欧に関わるイベントも様々行われていますが、今回ご紹介するのは、3月28日(木)〜31日(日)の期間、広尾で開催されている「北欧フェスティバル」。フィンランド、デンマーク、スウェーデンの良質な生活雑貨を購入できる場となっているとのことで、実際足を運んでみました!

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル 広尾プラザ
会場となっているのは、営団地下鉄日比谷線「広尾駅」2番出口から、徒歩僅か1分という距離にある広尾プラザの1Fセンターコート。目印は、このムーミンオブジェ(実はライト)です。北欧各国の生活雑貨が各種集まっていましたが、その中でもLIfTe編集部のオススメをご紹介します!

|北欧のキッチンアイテムと言ったら、スポンジワイプ「More Joy」

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル More joy スポンジワイプ

北欧の各家庭に必ずと言っていいほどあるのが「スポンジワイプ」。水分の吸収力がとても高く、濡れてもすぐ乾くという事もあり、日本で言うところの「ふきん」としての利用が多いですが、様々なデザインパターンがあるのも特徴の一つ。以前LifTeでも紹介した、こちらの「MORE JOY(モア ジョイ)」が、日本フィンランド修好100周年を記念して作ったデザイン4種がこちら。フィンランドカラーのブルーと、日の丸をイメージさせる赤の2色をあしらったデザインは秀逸。うさぎと月が描かれたスポンジワイプは、特に日本を感じさせます。

※以前「MORE JOY」の代表でもあり、デザイナーでもあるスザンナさんにインタビューした記事はこちら(スポンジワイプのオススメ使い方紹介あり)

|ムーミンアイテムも注目!

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル ムーミン
そして、今回注目したいのは、ムーミン関連商品の充実ぶり。各種キャラクターの置物はもちろん、キャラクターのキッチンタイマーや、ホーローで作られたマグカップなど様々な商品ラインナップですが、特にオススメしたいのがこちら。
LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル ムーミントレイ
色鮮やかなムーミンの世界が描かれた大型のトレイ。大型のトレイなので実際使用する時は、1度に多くの物を運べるのが嬉しいところ。そしてムーミントロールやリトルミィは描かれていませんが、本当に色んなキャラクターが描かれているので、ムーミンファンには堪らないアイテムです。

|28億年前の天然石から作られるフィンランドデザイン「HUKKA DESIGN」

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル Hukka design
フィンランドの北東部で採掘される28億年前(!)に生成された、天然石ソープストーンで作られる数々のアイテムが売りの「HUKKA DESIGN(フッカデザイン)」。最近は、美容系のアイテムとしても日本で浸透してきています。このソープストーンは、保温性に優れているため、温めると長時間温かく、冷やすと長時間冷たいままという特徴があるので、フィンランドではビアグラスや、ワインクーラーなども人気です。

※以前「HUKKA DESIGN」の代表セッポさんにインタビューした記事はこちら

|デンマークのカラフルでお洒落なリーディンググラスブランド「HEAVE A LOOK」

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル Have a look リーディンググラス
デンマーク人女性二人が自分たちが掛けたいと思うものが無かったことから、2015年に立ち上げられた「HAVE A LOOK」。「クールでカラフル。お洒落に楽しむリーディンググラス」をコンセプトに、ファッションやインテリアデザインのトレンドをデザインに取り入れ、色使いが豊かで“お洒落な大人”を満足させるデザインが特徴です。また、素材には、ポリカーボネートを使用していて軽くすることで、長時間の使用でも疲れにくくなっているのも、使用する人には嬉しいポイント。2018年4月に、ヨーロッパ以外で初となる日本での販売を開始したばかりの新しいブランドなので、リーディンググラスに興味があった方は、この機会に試し掛けをして、ご自分のスタイルにぴったりのものを探せるチャンスです。

|コーヒー生活を、より洗練してくれそうな「HILE」

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル HILE

次にご紹介するのは、コーヒ好きの方であればお、思わず「おっ!」と言ってしまいそうなこのアイテム。こちらはフィンランドの「HILE(ヒレ)」というブランドが作ったコーヒースコープ&クローザー。円形にくり抜かれている部分で、コーヒーの粉をすくうと1回で5g、2回でちょうどコーヒー1杯分の量となります。そしてすくい終わったら、コーヒーパックを挟み混むことができるという優れもの!コーヒーフィルターを、おしゃれに立てかけておくホルダーは、上から差し込む形なので、どのサイズのフィルターでもフィットしますし、コーヒースコープ&クローザーのデザインに統一感があって、コーヒー生活がワンランクアップしたような気にさせてくれる素敵なアイテムです。

|じゃあ、コーヒーは何にするか?「Robert Paulig Roastery」

LifTe 北欧の暮らし 北欧フェスティバル 広尾 ロバーツコーヒー

コーヒーが飲みたくなってきた方にオススメしたいのは、こちらの「Robert Paulig Roastery(ロバート パウリグ ロースタリー)」各種コーヒー。コーヒーが苦手の人でもこれなら飲めるという胃に優しい「おなかコーヒー」も有名ですが、今回のオススメは、ムーミンとコラボして北欧の四季が描かれたパッケージのコーヒーや、フィンランドのホテルやカフェやレストラン向けに製造されている軽やかなブレンド豆。

今回のイベントは、キッチン雑貨が本当に充実しているので、料理好きの方は特に楽しめるものになっていますよ〜♪

|アクセス

【北欧フェスティバル】
日程:3月28日(木)〜3月31日(日)
時間:10:00~19:00
会場:広尾プラザ センターコート
住所:東京都渋谷区広尾5-6−6

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate

ページ上部へ戻る